• photo
  • photo
  • photo

旬味への誘い

今夏はさっぱり
ヘルシーでデトックス

「インドカレー」

ここ1~2年、東京のカレーシーンが賑わいをみせています。日本の食材を生かした創作カレーや、その店独自の進化を遂げたオリジナリティ溢れるスパイス料理まで。友人と、家族と、大切な人と。お酒とともに楽しみたい、東京のインドカレー店をご紹介します。

梅ベジカレー

複雑に絡み合ったスパイスと、ほどよい梅の酸味
暑い夏に食べたい、オリジナリティ溢れる逸品
オーナーの優れたセンスと柔軟な発想力で、独自のスタイルを確立した
【ガラムマサラ】

 カレーにも流行り廃りがある中で、まったく色褪せない名店があります。経堂にある【ガラムマサラ】は、インドの伝統的な食文化を大切にしながらも、日本の素材とインドの技術とを融合し、自由な発想で新たなメニューをつくり続けています。
 そんな【ガラムマサラ】で、また新たなカレーが生み出されました。日本の食文化には欠かせない梅干しと数種のスパイス、それに季節の野菜を加えた『梅ベジカレー』や、酸味のある味わいが癖になる『レモンチキンカレー』など。暑い夏にこそ食したい、さっぱりとしたカレーがお店に並びます。
 オリジナリティを追求すると、ともすれば本場の味を求めるお客様からは邪道とも言われかねません。しかし、この【ガラムマサラ】ではそのオリジナリティが支持されています。それはひとえに「オーナーのハサン氏の圧倒的なセンスがあるからこそ」と店長の大澤氏。独自のスタイルへと昇華させたオリジナルメニューの数々は、オーナーの優れたセンスと柔軟な発想が源のようです。

chef-photo

大澤 孝将 氏
バターや生クリームを一切使用しない、ヘルシーなインドの家庭料理を提供しています。みなさんぜひお越しください。

大澤 孝将 氏の情報を見る
撮影/佐藤 顕子
文/ヒトサラ編集部
  • main-photo

    大根やカブに加え、ナスやオクラなどの夏野菜が入った『梅ベジカレー』。野菜に味がしっかりと染み込んでおり、一口食べればスパイスの風味と梅の酸味が口中に広がります。インド産ビールとの相性も抜群です

  • sub-photo

    レモンの酸味がクセになる、夏に食べたいさっぱりとした『レモンチキンカレー』。レモンの風味が広がる、さっぱりとした後味です

  • sub-photo

    ゴーヤとオクラをミックスした名物の『サバカン』。日本の食材とインドの調理法を組み合わせた創作料理で、リピーターも続出です

本日のカレープレート

季節の野菜を楽しむカレープレートは
その繊細さから、まるでカレー御膳を頂いているかのよう
カレーアワード2015の新人賞に選出された実力店【ハブモアカレー】

 新宿にあるカレーの名店【curry草枕】で働きつつ、要町のカフェで月に2回のみ間借り営業していた【ハブモアカレー】。その評判は口コミで広がり、2015年10月、表参道へ実店舗をオープンさせました。
 メニュー構成は独特で、ランチ・ディナーともにフードメニューは日替わりの『本日のカレープレート』のみ。南アジアの料理をベースにしたプレートは、2種類のカレーにターメリックライス、付け合わせは3種。カレーは『キーマカレー』と『豆カレー』をベースに、旬の野菜を加え日々変化をつけています。
 そもそもなぜ、1プレートのみの提供なのか。それは「この1プレートの中ですべてを完結させたいから」とシェフの松崎氏。辛さ控えめに、野菜のもつ甘みや苦みがくっきりと際立ったカレーや小鉢たち。スパイスの風味や野菜の繊細な味わいが幾重にも連なり味わい深く、まるで和食御膳を頂いているかのような錯覚に陥ります。
 インド料理をオリジナリティ溢れるカレー御膳に昇華させ、カレー界に新たな風を吹かせた【ハブモアカレー】。その実力は、カレーアワード2015の新人賞に選出され実証済み。多種多様なスパイスで調理された季節の旬野菜、珍しい西洋野菜が味わえるカレープレートを、ぜひ一度お試しください。

chef-photo

松崎 洋平 氏
「野菜をスパイスで食べる」をコンセプトに、お子様からご年配の方まで幅広く召し上がっていただけるよう辛さ控えめにおつくりしています。

松崎 洋平 氏の情報を見る
撮影/玉川 博之
文/ヒトサラ編集部
  • main-photo

    プレートは日替わりで1種類のみ。カレー2種と『ターメリックライス』に加え、西洋のハーブで漬け込んだ『あやめ雪カブとハーブのアチャール風』。それに『男爵いもとしのべ竹の東南アジア風スパイス炒め』や『ハワイアンオニオンと赤丸カブのトーレン』などの南インド風スパイス炒め

  • sub-photo

    カレーや付け合わせをそれぞれ味わった後に、ライスの上にのせて混ぜ合わせます。最初はカレープレートとして、さらにカレー丼へと変化を楽しむことができます

  • shop-photo

    カレーや小鉢に合うドリンクを厳選。ビールは野菜料理に合うようライトな飲み心地を。オーガニックワインはカレーに合う赤と野菜に合う白、スパークリングを用意

インドカレーが味わえるお店

Back to Top