• photo
  • photo
  • photo

旬味への誘い

並んででも食べたい
「名店のホルモン」

ホルモンの名店として名高い【鹿浜 スタミナ苑】と【焼肉 ゆうじ】。肉の新鮮さはもちろん、丁寧な下処理と独自の味付けで、名だたる著名人からも熱烈に支持されています。並んででも食べたい。そこまで思わせる名店のホルモンを、今宵大切な人と食べてみませんか。

ホルモン盛り合わせ

食した者はみな、素材の新鮮さや
絶妙な味付けに魅了されます
ホルモンの名店として
名を馳せる【焼肉 ゆうじ】

 若者の街・渋谷で一際目をひくノスタルジックな店構え。それがホルモンの名店【焼肉 ゆうじ】です。鮮度は言わずもがな、その下処理の丁寧さに同業者も舌を巻きます。「この肉はどうしたら美味しく食べてもらえるのか。そればっかり考えていますよ」。
 この日給された『おまかせコース』。その中でも人気の『ホルモン盛り合わせ』は、絶品の一言に尽きます。脂をしっかりと残したシマチョウはふわふわで、口に入れた途端に脂がじゅわっと広がります。ミノとミノの間に脂が挟まったミノサンドも、コリコリとふわふわ両方の食感が楽しめる逸品です。他にもタンやギアラ、コブクロなど。これらを甘辛い醤油ダレで頂きます。
 店内はいつも煙だらけ。しかしそれだけホルモンの脂がたっぷり、という証なのです。それぞれの肉の特徴を最大限に活かし、カッティングや味つけ、提供する順まで考え抜かれたメニューの数々。多くの焼肉を食してきた食通でさえ魅了されます。

chef-photo

樋口 裕師 氏
「シンプルにお肉を食べていただきたいから、しっかりと手をかけています。ぜひ食べに来てください」

樋口 裕師 氏の情報を見る
撮影/富澤 元
文/ヒトサラ編集部
  • main-photo

    タン(舌)、ハツアブラ(脂のついた心臓)、ハツモト(大動脈)、シマチョウ(大腸)、ミノサンド(第一胃)、ギアラ(第四胃)、てっぽう(直腸)、ヤン(第二~三のつなぎ目)で構成された『ホルモンの盛り合わせ』。醤油や酒、みりんやこぶ、砂糖、それに七味で甘辛く仕上げたつけダレで食します

  • sub-photo

    前菜として供された『モツ煮』。とろとろになるまで8時間ほど茹で、マイルドなスープでいただきます

  • sub-photo

    強火であぶった表面と、レアに残した内側のやわらかさとのコントラストが楽しめる『レバーステーキ』

ミックスホルモン

閉店後の深夜から始まる下拵え
店主の熱い想いが名店の味を支えています
元総理も名だたる著名人も
並んで食べた【鹿浜 スタミナ苑】

 日本のみならず、世界中から客が訪れるほどの超人気店【鹿浜 スタミナ苑】。「どんな人も平等に」という考えのもと予約は一切取っておらず、誰もが並んで食べなければなりません。
 中学卒業と同時に、兄が経営しているお店に入った豊島雅信氏。それから雅信氏はホルモン一筋。「俺はこれしか知らない。でも、まだまだやらなきゃいけないことがいっぱいある」。
 一番の売りであるホルモン、なぜそこまでの鮮度を保っていられるのか。その最大の理由は、「仕入れ先の浮気をしないから」。40年以上の信頼関係があるからこそ、最上級の内臓が手に入るのだそう。 
 また鮮度はもちろんのこと、丁寧な仕込みが肉をさらに美味しく格上げしています。ホルモンはひと口食べればその美味しさに驚かされ、レバーは臭みがなく、つややかでやわらかい。【鹿浜 スタミナ苑】のホルモンは、飽くなき探究心と店主の肉への愛情。その変わらぬ姿勢が世界中から選ばれる理由なのかもしれません。

chef-photo

豊島 雅信 氏
「お客さんに新鮮なホルモンを食べさせたいから、今日も変わらず下拵えをするよ」

豊島 雅信 氏の情報を見る
撮影/岡本 裕介
文/ヒトサラ編集部
  • main-photo

    シマチョウ(大腸)、ハツ(心臓)、ギアラ(第四胃)、センマイ(第三胃)、コブクロ(子宮)を塩ダレで和えた『ミックスホルモン』(塩)は、一番人気のメニュー。シンプルな味だからこそわかる、丁寧な下拵えと素材の良さに脱帽します

  • sub-photo

    表面はつるつるで美しく、臭みがまったくない『あぶりレバ塩』。ごま油と塩のつけダレでいただきます

  • shop-photo

    濃厚な『半テグタン』。口に入れた途端にタン元がとろけます。時間がかかるので来店時にご注文を

ホルモンが味わえるお店

Back to Top