至福の逸品~dish stories~ vol.19

自然の甘さと深い味わいに感動「フルーツトマトの冷製カッペリーニ」~リストランテ ホンダ~

夏になると、カフェやレストランのメニューに並ぶマンゴーは、パイナップルやバナナと並び、日本でも広く愛されるフルーツだ。マンゴーが日本に入ってきたのは明治時代、栽培は1970年代から始まったといわれている。濃厚な果実味と、ほどよい酸味が人気で、スイーツや料理にも広く使われ、栄養価が高いことでも知られている。今回は身体の免疫力を高める南国フルーツの代表格であるマンゴーについてご紹介しよう。

キル フェ ボン グランメゾン銀座の店舗情報を見る

撮影/Matt Manmoto

世界三大美果のひとつ、魅惑の南国フルーツ「マンゴー」

フルーツの女王「マンゴスチン」や、トロピカルの栄光「チェリモヤ」などと並び、世界三大美果のひとつとされている、濃厚な甘みと味わいが特徴の「マンゴー」。初夏の頃になると、スイーツショップの店頭にはマンゴーのケーキやプリン、ムースなどが並び、カフェにはジュースやパフェが登場するほか、中国やタイ、インドなど、各国の料理に入っていることもある。
    マンゴーはうるし科マンゴー属の果樹で、インドからミャンマーなどのインドシナ半島が原産地。4000年もの昔から栽培がおこなわれていたといわれており、その種類は現在500種を超えるといわれている。なかでも日本で食されている代表的な種類としては、赤と黄色のコントラストが特徴的なアップル、酸味がやや強く、形状がペリカンのくちばしに似ているペリカン、緑色で薄めの黄色をしているキーツ、マンゴーの王様といわれるアルフォンソ、コクと程よい酸味のあるイエロー(ゴールデン)マンゴーほか、8~10種ほど。

6月~8月に旬を迎えるアップルマンゴー。リンゴのように赤くなるのが特徴で、果汁が多く、とろけるような濃厚な味わいとほどよい酸味が人気。

栄養価に優れたマンゴーの種類と産地

主な原産国はインドやフィリピンをはじめ、台湾、メキシコ、タイ、オーストラリアなど。それぞれに旬が少しずつ異なるため、一年を通じて各国のマンゴーを楽しむことができる。
    日本にマンゴーが入ってきたのは明治時代、国内で栽培が始まったのは1970年代。現在は主な産地は沖縄、宮崎、鹿児島、熊本、和歌山でつくられているが、露地栽培で果実を実らせることが難しく、ビニールハウスでの栽培が主流となっている。
    また、マンゴーは栄養価にも優れた食材。体内でビタミンAに変わるベータカロチンの含有量が多いのが特徴で、100g中に610mcgが含まれているほか、腸の働きをよくする食物繊維や、高血圧・動脈硬化によいカリウムも豊富に含まれた、美容や健康にもよい食材なのだ。そんなマンゴーほか免疫力を高める南国フルーツを使ったタルトを味わえるのが、フルーツタルトで有名な【キル フェ ボン グランメゾン銀座】だ。

6月~8月に旬を迎えるアップルマンゴー。リンゴのように赤くなるのが特徴で、果汁が多く、とろけるような濃厚な味わいとほどよい酸味が人気。

トロピカルフルーツに常夏を感じる、『南国フルーツのタルト』

塩気のきいたブリゼタイプのタルト生地に、香ばしいココナツ風味のカスタードをしき、その上に旬を迎えたアップルマンゴーやパパイヤ、バナナ、パイナップルなどをふんだんにのせて、最後にプレーンなシロップでツヤ感を出した『南国フルーツのタルト』は、まさにトロピカルな夏にふさわしいデザート。新鮮なフルーツの美味しさを生かし、必要以上にクリームやデコレーションをせずに仕上げた一品は、練りパイ生地のサクサクした食感、南国フルーツの濃厚な果実味、ココナツカスタードの香ばしさとなめらかな舌触りが一体となった、贅沢な味わい。ブリゼの塩気が全体をほどよく引き締めているのが特徴だ。フルーツタルトに合わせてセレクトしたコーヒーや紅茶、口の中をすっきりさせてくれる炭酸と合わせて、午後の贅沢なティータイムを満喫したい。

トロピカルフルーツでいっぱいの贅沢なタルトは、アップルマンゴーが旬を迎える6月から7月上旬までの限定となっている。

常連客が勧める逸品 ~季節のフルーツタルト~

常連客が勧める逸品 ~季節のフルーツタルト~

季節のフルーツタルト ~夏バージョン~(6~8月限定)
1ピース 672円/ホール 25㎝ 6405円

フルーツの産地やカット、並べ方や合わせるクリームなど、随所にこだわった、季節限定タルト。サクサクのタルトにみずみずしいフルーツと、なめらかなカスタードをたっぷりと詰め込んだ、人気No.1の夏バージョン。

[キル フェ ボン グランメゾン銀座]の料理メニューを見る

季節の一品 ~波型 アップルマンゴーのアップサイドダウンタルト~

季節の一品 ~波型 アップルマンゴーのアップサイドダウンタルト~

波型 アップルマンゴーのアップサイドダウンタルト(6~8月限定)
1ピース 651円/ホール 25㎝ 6195円

アップルマンゴーの甘味と果汁を凝縮させた、濃厚で食べ応えのあるタルト。アップルマンゴーをキャラメルで絡めてケーキの底に敷いて、じっくりと焼き上げてからひっくり返して仕上げてある。ヨーグルトババロアのほんのりした酸味が爽やかな一品。

[キル フェ ボン グランメゾン銀座]のドリンクメニューを見る

このページで紹介したお店

キル フェ ボン  グランメゾン銀座

キル フェ ボン  グランメゾン銀座 【東京・銀座】

【営業時間】
店舗 11:00~21:00/カフェ 11:00~20:00
  ※カフェスペースご利用の際には、1Fのカフェ入口の受付にて受付を済ませた後、地下1階にお進みください。
【定休日】
無休
【TEL】
03-5159-0605

詳しく見る

編集後記

流行の最先端が集まる街、銀座。格式高い老舗が多く軒を連ねるこの場所に【キル フェ ボン グランメゾン銀座】がある。1階はパリにあるスイーツショップ、地階はフランスの郊外にあるプチホテルのカフェをイメージし、全体的に洗練された高級感とキルフェボンらしさを演出している。四季替わりのフルーツタルトは、定番と季節ものとで構成され、常時20種以上。6~7月上旬限定の『南国フルーツのタルト』は、アップルマンゴーとパパイヤなどのフルーツの組み合わせや、甘めのココナツ風味のカスタードと塩気のきいたブリゼ生地のバランスが抜群なスイーツだ。タルトに合わせてそろえたティーやコーヒーとともに、セレブなティータイムで優雅な午後のひとときを過ごしたいと思った。

キル フェ ボン  グランメゾン銀座

▲マンゴーでトロピカル気分を堪能「南国フルーツのタルト」~キル フェ ボン グランメゾン銀座~ ページトップへ

記事一覧

Vol.32
江戸の庶民に愛された夏の活力源『どじょう』 ~どぜう飯田屋~
Vol.31
春の風物詩、光輝く白魚『しらす』 ~ピッコロ ヴァーゾ~
Vol.30
春先に旬の頂を迎え、滋味に富んだ『蛤(はまぐり)』 ~貝料理はまぐり~
Vol.29
ダイナミックな冬の美味を新鮮な刺身で堪能『タラバガニ』~赤坂きた福~
Vol.28
新年の幕開けにふさわしい、ごちそう料理「すき焼き」 ~江知勝~
Vol.27
冬本番。甘さと濃厚な旨みを味わう「牡蠣」 ~ペスカデリア銀座店~
Vol.26
江戸の秋を告げる、日本の伝統食「蕎麦」 ~神田まつや~
Vol.25
秋鮭の旨みを存分に堪能「はらこ飯」 ~つみき 神楽坂~
Vol.24
風味で味わう秋の味覚「鱧と松茸の小鍋仕立て」~銀座 和久多~
Vol.23
元気に夏を乗り切るための「フィッシュカレー」 ~bills 七里ヶ浜店~
Vol.22
夏バテを防ぐ、琉球に伝わる伝統料理「ゴーヤチャンプル」~琉球料理 みやらび~
Vol.21
希少な極上ラムを豪快に味わう夏「彩り野菜のジンギスカン」~えびすジンギスカン 海月~
Vol.20
活穴子を小粋に味わう 江戸の夏「穴子の小鍋」~穴子料理 ます味~
Vol.19
マンゴーでトロピカル気分を堪能「南国フルーツのタルト」~キル フェ ボン グランメゾン銀座~
Vol.18
自然の甘さと深い味わいに感動「フルーツトマトの冷製カッペリーニ」~リストランテ ホンダ~
Vol.17
深蒸し茶と胡麻だれの、香ばしき風味「鯛茶漬け」~銀座 あさみ~
Vol.16
山海の美味 華やかなる饗宴「鰹のたたき 初夏の彩り」~かさね~
Vol.15
鮮やかなる薬膳中華「たけのこと彩り野菜の炒め」~銀座小はれ日より~
Vol.14
春だけのおいしさ「ホワイトアスパラガスのクリーム和え」~ツム・アインホルン~
Vol.13
由比の春風を感じる「桜えびのかき揚げ天ぷらそば」~そばと小皿料理 若松~
Vol.12
春を味わい尽くす「鰆のポワレ ふきのとうのソース」~フレンチレストラン ル ピラート~
Vol.11
本場どぶ汁仕立ての濃厚「あんこう鍋」~神田あじぐらなまこ屋~
Vol.10
旨味たっぷり、美容鍋「タッカンマリ」~韓国家庭料理 仁寺洞~
Vol.09
出汁香る、極上卵の親子丼~赤坂 ざんまい~
Vol.08
冬のごちそうジビエ「鹿肉のロースト」~Bistro×Ristorante A-cube~
Vol.06
冬に美味しい煮込みハンバーグ~洋食 プクプク亭~
Vol.05
冬の新定番・薬膳火鍋~老麻火鍋房 渋谷 円山町店~
Vol.04
紅葉鯛の土鍋ご飯~旬菜おぐら家~
Vol.03
パンがくれる、とっておきの幸福感~カフェボスケ~
Vol.02
カラダにおいしいハーブティー~“自分に効く”ハーブティーの選び方~
Vol.01
心を満たす、焼肉 「焼肉もとやま」

Back to Top