スタイリッシュに食す「おしゃれ肉」 スタイリッシュに食す「おしゃれ肉」 スタイリッシュに食す「おしゃれ肉」

スタイリッシュに食すおしゃれ肉

肉食女子なる言葉もすっかり定着。煙もうもうの店の中でビール片手に焼肉もいいですが、この夏は、いま流行の空間で、ちょっとお洒落な肉料理を楽しんでみるのもいいですね。 友達と、恋人と、家族と、夏バテ知らずで過ごすためにも、おいしい肉をエレガントにいただきましょう。

垂涎の塊肉の『ランプ』と、リーズナブルでおいしいワインのマリアージュ

【ビストロ カルネジーオ】東京・恵比寿

A5ランクの和牛の旨さは随一、恵比寿の人気肉バル

 まず店名。【カルネジーオ】は、「Carne:肉」+「Sio:塩」。ダジャレ?などと侮るなかれ。A5等級の国産和牛をリーズナブルに提供する、恵比寿のなかでも予約の取りにくい人気の肉バルです。

A5ランクの国産牛と美味しいワインをできるだけリーズナブルな価格で提供するというのがコンセプト

「塩ホルモンの焼肉店が母体なので、肉と塩に関しては結構本気です」と微笑むのは杉浦店長。確かに、ランプやイチボなどの赤身を中心に、ギアラ、シビレなどのホルモン、タンやテールなど、状態の良い和牛は高級店にもおとりません。

一番人気の『ランプ』は和牛ならではの味の濃厚さを含んだ逸品。写真はオプションの『炭火焼き野菜』とともに

 すべての肉は、炭火でシェフが焼いてくれるのも、人気の秘密。部位によって適した火入れで、一番美味しい状態で提供してくれます。

それに加え、「小さな店なので、お客様一人ひとりに目を行き届かせています」という児玉シェフの心配りが、最大のスパイスとなっているかもしれません。

カウンターの冷蔵ショーケースには、その日に扱う肉の部位がずらりと並んでいます。寿司屋のようにネタを見ながら選べます

 また、肉が焼き上がる間に頬張るのに最適な前菜も充実しているだけでなく、フランスやイタリアを中心にしたワインもリーズナブル。

フランス、イタリアを中心にサードワールドまで、お財布を気にせず頼める手頃なワインを各種取り揃えています

「4人でワインを3本くらい空ける方が多いです」(杉浦店長)。肉の美味しさに野菜が進み、料理の美味しさにワインが進む。そんな幸福なスパイラルに、夏の夜に陥ってみるのも良いでしょう。

撮影/岡本裕介 文/ヒトサラ編集部

【よろにく】の名を全国区にした『シルクロース』の味にしばし惚ける

【よろにく】東京・青山

全国の肉ラヴァーから絶大な信頼を得る、南青山の奥に鎮座する名店

 ラグジュアリーな空間で絶品の焼肉が味わえる【よろにく】。青山の路地裏に立地しながら、食通や著名人が贔屓の焼肉店としてその名を挙げたことで「今や隠れ家とは言えなくなった」と、近隣の方からの声も挙がっている店です。

知識豊富な「お肉マイスター」がお客様とメニューを考え、会計からお見送りまでフルサービスで担当するのがお店の特徴

 そして、この店の名を全国区に押し上げた理由のひとつが看板メニューの『シルクロース』です。

コースではメインに据えられる逸品。このメニューが生まれた背景には「従来の焼肉店のコースメニューは、食材勝負で構成がざっくりとしていた。フレンチやイタリアン同様にコース内容に起伏を持たせること、そのうえでヤマ場に相応しいメニューがほしかった」という創業者の想いがあったそうです。

最高の味と食感を生み出すため数ミリ単位でカッティングを調整。数秒の違いで味が決まる“焼き”も肉を熟知するスタッフが担当することも

店のスタッフが、「日山」厳選の薄切りのサーロインをさっと火で“炙り”、秘伝のタレに“くぐらせた” 後に、形状と重量を数ミリ、数グラム単位で調整したライスボールを器用に“くるむ”。  

代表の桑原さんの個人的なコネクションを駆使し、高級和牛専門の老舗「日山」が厳選した肉を使用しています

 淀みのない華麗な3アクションからのみ生まれる『シルクロース』。肉の旨味が口中で半ば勝手にとろけるので、こちらは合いの手を打つように数回噛むだけ。この官能的ともいえる美味に、老若男女、肉ラヴァーの気分は最高潮を迎えるのです。

撮影/水野 誠 文/ヒトサラ編集部

洗練と気品を帯び、フレンチの恩恵を受けた
『特製ハンバーグステーキ』に頬が緩む

【ahill】東京・南麻布

贅沢な素材が絡み合う初めての味、舌が躍る幸福のハンバーグ

「ここのハンバーグステーキは、優雅なんです」。磨き込まれた鉄板から供される【ahill】フレンチの中でも、看板メニューである『特製ハンバーグステーキ 赤ワインソース』に魅せられた常連客はそう口を揃えます。

食欲を刺激する香りとリアルな音。時には香ばしい煙や立ち昇る炎と共に…五感で楽しむahillの鉄板ステージ

香ばしい脂の香りと溢れ出す肉汁を秘め、頬張ればあまりの柔らかさに舌の上で溶けるほど。他にはない一品であることが明らかです。

日本全国選りすぐりのA5ランクの黒毛和牛はもちろん、特殊な冷蔵庫で濃縮・熟成させた熟成肉などを使用しています

 それもそのはず、ベースには、各地選りすぐりのA5和牛、フォアグラ、ブランド豚など贅を尽くした様々な肉を使用。とは言え、食材の持ち味だけに甘えることは許しません。

総料理長山中氏が「種類の異なる肉同士をハンバーグとして成り立たせるには、緻密な絡み合いが必要なんです」と語る通り、肉を低温に保ちつつ丁寧に手ごねすることで、仕上がりの完成度を高めています。

 ナイフを入れると、芳醇な肉の香りが立ち上る。とろりとした中心部のロゼ色は、シェフの火入れ技術のたまもの。外側と内側で異なる食感も楽しめます。

 細心の注意を払って焼き上げると、旨みと脂が満ち満ちた口どけの良いハンバーグが完成。甘みと酸味のバランスがちょうどよい、フレンチを感じさせる赤ワインベースのソースが登場。食欲をそそる艶も美しく、皿を引き立てます。

ボジョレー、ブルゴーニュなどフランス産を中心にワインの貯蔵も豊富。深夜帯も営業しているので2、3軒目のワインバーとしても使えます

 未体験の味が誘う口福な時間。この店だけで得られる高揚感を楽しむため、今日も女性客を中心に店は賑わいます。

文/佐藤にの(クリエイティブマムズリンク)

吉崎 啓顕

「肉質に自信があるので、周囲に焼き色を付けたら、中心部分をロゼに保ちながら蒸し焼きにしています。さまざまな肉が調和した、奥深いハンバーグをご堪能ください。」

東京のおいしいおしゃれ肉
味わえるお店

黒毛和牛から取れる希少な『幻のタン』

“幻”の名に相応しいほど、黒毛和牛の希少なタン。タン先やタン元、タンゲタで提供しています。いつもあるとは限らないので予約が必須
東京・市ヶ谷

炭火焼肉なかはら

03-6261-2987

甘みがあり、さっぱりとした脂が特徴的な『小豆島オリーブ牛』

きめ細かな脂肪が入った霜降りの佐賀牛を中心に、小豆島のオリーブの搾り果実を配合した飼料で育った小豆島オリーブ牛など、厳選和牛を使用
東京・阿佐ヶ谷

やきにく なりのて

03-5356-9633

口の中でとろけるほどに柔らかい『<特選>神戸ビーフコース(130g)』

ロース肉特有の繊維質で、噛み応えの中にあるとろける脂の甘みが魅力。特製味噌ダレ、ヒマラヤ産岩塩、ニンニク醤油の3種類から選べます
兵庫・神戸

ビフテキのカワムラ神戸本店

078-974-5883

カレンダー

Back to Top