完熟、食べごろ「マンゴー」 完熟、食べごろ「マンゴー」 完熟、食べごろ「マンゴー」

完熟、食べごろマンゴー

南国フルーツの代表、マンゴー。完熟したものは果汁が多く濃厚な甘さが魅力です。今回は特別な日に大切な人へ送りたい、バラの花のようなマンゴーのデセールや、連日長蛇の列を成す人気店のマンゴーかき氷まで。食べごろを迎えたマンゴーを使ったスイーツをご紹介します。

食べ進めるたび、味が多彩に変化する、
オリジナリティ溢れる『マンゴーのかき氷』

【和kitchenかんな】東京・三軒茶屋

ここにしかない唯一無二のかき氷にきっと出会える、三軒茶屋の和食店

 三軒茶屋駅から徒歩12分、世田谷公園の目の前にある和食店【和kitchenかんな】には、開店前からお客様が列を成します。そのお目当ては、日光「松月氷室」の天然氷とユニークなフレーバーを使ったオリジナルのかき氷。

三軒茶屋駅から少し離れた場所にあり、近くには世田谷公園があるので、お散歩デートの途中に立ち寄れます

天然氷にしか出せないきめ細やかでふわふわとした食感は、口に入れた途端にとろけてしまうほど。削り方にもこだわり、上層は薄めに、下層は溶けにくいよう少し厚めに削るなど、最後までおいしく食べられるようにミリ単位で調整しています。

純氷だけでなく、栃木県日光市にある老舗の蔵元「松月氷室」の希少な天然氷を使ったかき氷も楽しめます

 もうひとつのこだわりがメニューの考案。今回ご紹介するマンゴーのかき氷『アジアンブリーズ』は、アジアを彷彿とさせる味わい。

一番下にはタイのスイーツ「仙草ゼリー」を敷き、中央には自家製ココナッツ練乳や沖縄県産のパイナップルを。全体にマンゴーソースをかけたら最後にココナッツホイップをトッピング。口に運ぶたび様々な味に出会え、飽きがこないのが魅力です。

『アジアンブリーズ』(7~8月限定)。マンゴーのほかに仙草ゼリーやパイナップルを加える個性豊かなマンゴーのかき氷

「うちでしか出せないものをと考えたら、アジアの食材を重ねた独自のスイーツになりました」と店主の田中さん。

 夏だけのお楽しみと思われがちなかき氷ですが、定番メニューの他、季節ごとに変わる期間限定メニューを含めて1年中楽しめるのも魅力です。

撮影/岡本 裕介 文/シマアキコ(ヒトサラ編集部)

バラに姿を変えた『マンゴーのタルト』、
特別な日のためのプレミアムスイーツ

【été】東京・代々木上原

1日1組だけの秘密の空間。実力派シェフのプライベートレストラン

 住所・電話番号は非公開、1日1組4名限定の完全紹介制フレンチレストラン【été(エテ)】。そのスペシャリテとして知られるデセールを持ち運びできるコフレで楽しんでほしいとの想いから生まれたのが、『フルール・ド・エテ』という名のプレミアムスイーツです。

レストランは1日1組限定。店内には4人掛けテーブルが1つ。1組のためだけに庄司さんの料理が振舞われます

 中でも人気なのが、マンゴーをバラに見立てた艶やかで美しい『フルール・ド・エテ マンゴータルト』。持ち運びを考慮した『フルール・ド・エテ』には、みずみずしい国産のマンゴーと、しっかりとバラの形を保ってくれる外国産のマンゴーをミックスして使用しています。

夏限定の『フルール・ド・エテ マンゴータルト』。サプライズのある華やかなデセールは、大切な方へのプレゼントに最適

「マンゴーは品種や産地によって味や香り、特性も様々です。日本のマンゴーは繊細ですが、美しいバラに見事に姿を変えてくれます。繊細さと変幻自在な使いやすさを兼ね備えているのも、マンゴーの魅力ですね」とオーナーシェフの庄司さんは語ります。

レストランでは、みずみずしい国産のマンゴーのみを使用。よりフレッシュな味わいが楽しめます

 完全予約制・数量限定販売で入手困難な『フルール・ド・エテ マンゴータルト』。その箱を開けた時の感動は、きっと特別なものになるはずです。「今年はとても出来が良く、今が食べごろ」と庄司シェフも語るマンゴーを使った絶品デザート。その味わいをぜひ堪能してみてください。

撮影/岡本 裕介 文/河﨑 志乃

全国のおいしいマンゴー
味わえるお店

オリジナルトッピングで人気の『スノーアイス』

マンゴーの他に抹茶やミルク、ストロベリー、チョコレートの5種で展開。好みのトッピングソースを10種から選べてしかもアイスクリームつき!
兵庫・三ノ宮

BIRDS CAFE

078-392-3333

濃厚マンゴーたっぷりの『マンゴースノーアイス』

週2回、樹の上で熟してから収穫・出荷される完熟マンゴーを入荷して使用。気品高い香りと果肉の酸味、甘みのバランスも良くジューシーです
沖縄・那覇

南の雪氷 新都心店

098-988-1600

カレンダー

Back to Top