春の訪れを告げる「シェーブルチーズ」 春の訪れを告げる「シェーブルチーズ」 春の訪れを告げる「シェーブルチーズ」

春の訪れを告げるシェーブルチーズ

3~5月の一番草を食べ、出産を迎える山羊の乳からつくられた「シェーブルチーズ」は、春先に出回るため、フランスでは春の代名詞といわれています。そんなシェーブルチーズを、オーブン焼きやデザートなど、さまざまな食べ方でお楽しみください。

食材一つひとつに意味がある、
構成力に思わず唸る驚きの一皿

【Gris】東京・代々木上原

独創的な料理とベストマッチなドリンクペアリングを堪能

 店名の【Gris(グリ)】とは、フランス語でグレーを意味し、白でも黒でもない、高級店でもビストロでもない、「フラットなグレーでいたい」。そんな店主の想いが込められた、代々木上原にあるフランス料理の店です。

むき出しのブロックや木目を生かしたテーブルが置かれ、間接照明が温かく灯る店内はとてもシンプル

緑の色合いが印象的な『越田さんのもの凄い鯖 シェーブルチーズ 葡萄』は、シェーブルチーズや鯖、キヌアにグリンピースなど、どれも個性の際立つ食材ばかり。しかし、一口食べてみれば口の中ではまろやかに、一つにまとまっていることに驚かされます。

グリンピースや白葡萄、おかひじき、最後にケールパウダーをふりかけた『越田さんのもの凄い鯖 シェーブルチーズ 葡萄』

「もの凄い鯖やシェーブルチーズのもつ旨味や塩味に対し、ライムや白葡萄など酸味のある食材を合わせて相殺することによって料理と一体感を生み出しています」とシェフの鳥羽氏。

酒粕アイスにシェーブルとはちみつのソースを添えた『酒粕 シェーブルチーズ苺』

 鳥羽氏のオリジナリティ溢れる料理に華を添えるのが、ソムリエ外山氏が選ぶドリンクペアリングの妙。アルコールのみならず、ノンアルコールのペアリング提案も行っており、どれも料理の味を引き立たせてくれます。

アートとワインが融合した『GUT OGGAU(グートオッガウ)』。若い、辛口、ヒップなど、ワインの特徴をエチケットのイラストで表現

 そんな二人のペアリングマジックに思わず感嘆の声をあげてしまうほど。ここに来れば、嬉しい驚きにきっと出会えます。

撮影/中込 涼 文/シマアキコ(ヒトサラ編集部)

焼き目をつけて芳ばしさが増した
春限定の『ココット焼き』

【チーズ&ワインサロン 村瀬】東京・銀座

料理とワインのマリアージュがテーマ、銀座6丁目にあるワインバー

 銀座6丁目にある【チーズ&ワインサロン 村瀬】では、オーガニックの食材にこだわった料理とワインの絶品マリアージュが楽しめます。

左から「サント・モール・ド・トゥレーヌ」、「セル シュー コフィー」、「ビュシェット・ド・マノン」

 今回供されたのは、春に旬を迎えるシェーブルチーズをオーブンで香ばしく焼いた『シェーブルチーズのココット焼き』。シェーブルチーズをカットし、相性抜群のエストラゴンのハーブをのせてオーブンでじっくりと焼き上げた、シンプルで味わい深い一品です。

シェーブルチーズが出回る春限定で提供している『シェーブルチーズのココット焼き』

 また、栃木県産をはじめとする無農薬野菜の上に、表面に焼き目を入れた「サント・モール・ド・トゥレーヌ」とくせの少ない「サント・モール・ブラン」をのせた『シェーブルチーズのサラダ』は、トロリととろけたチーズがくせになります。

無農薬野菜にあつあつのシェーブルチーズをのせた『シェーブルチーズのサラダ』

「山羊がお産をするこの時期にだけ食べられるフレッシュなシェーブルチーズ。焼いて頂くのもよいですが、フレッシュ感を味わうために冷やして食べるのもオススメです」オーナーソムリエの村瀬氏。

春しか食べられない新鮮なシェーブルチーズを堪能してみてはいかがでしょうか。

撮影/岡本裕介 文/シマアキコ(ヒトサラ編集部)

全国のおいしいチーズ
味わえるお店

ポテトとチーズの相性が抜群な一品『十勝産ポテトのラクレットチーズ焼き』

スライスポテトにチーズをのせオーブンへ。新ジャガの季節はホクホクした食感を、越冬ものは熟成された甘みをと、異なるおいしさを楽しめます
北海道・帯広

バード・ウォッチ・カフェ

0155-21-0001

カレンダー

Back to Top