薫る、爽やかな旋風「パクチー」 薫る、爽やかな旋風「パクチー」 薫る、爽やかな旋風「パクチー」

薫る、爽やかな旋風パクチー

パクチー旋風が加速している近年。世界中で愛されてきた香味野菜が、日本の食文化にも根付きつつあります。最もおいしい季節は春から初夏にかけて。特有の香り、その清涼感を満喫してみませんか。

中華料理では伝統的な”ラム×パクチー”、
大満足の『ラム肉とパクチーの炒め飯』

【深圳】東京・西日暮里

「夕焼けだんだん」の坂の上に佇む、谷中の隠れ家食堂

 パクチー旋風上陸後、熱視線を浴びているのが「ラム×パクチー」の組み合わせ。日本は“パクチー後進国”ですが、実は世界150カ国以上で愛されてきた食材です。

パクチーは中華の味付けにも合う香菜で、羊肉のくさみを取り、薬味として使われてきた歴史があります。

規格外な量のパクチーをてんこ盛りに。季節によって産地は異なりますが、茨城県産が主

「ラム肉とパクチーは中国で伝統的に使われている組み合わせです」と語るのは【中華深圳】オーナーシェフの髙木氏。“ラムパク”ブームに先駆けて同店の『ラム肉とパクチーの炒め飯』が本場の味を広めました。

『ラム肉とパクチーの炒め飯』。スプーンですくいあげると、ご飯とラム肉の熱気に乗ってパクチーの爽やかな香りが立ち上ります

 炒めたラム肉や玉ねぎに秘伝のタレを絡めてご飯に乗せ、パクチーをこれでもかと山盛りにした丼飯。当初はパクチーも炒め合わせたそうですが、その特有の香りを生かすために生のパクチーを盛る現在のレシピを採用。スパイシーでコクのあるラム肉をパクチーの爽やかさが包み、お腹いっぱいになるまで美味しさが続きます。

広東料理の定食メニューを気軽に味わえるので、カウンター8席にはおひとり様が大半

 空腹で彷徨える夜はカウンター席で同士と肩を並べ、がっつりいきましょうか。

撮影/粕谷 麻衣子 文/佐藤 亜希子

全国のおいしいパクチー料理が
味わえるお店

パクチーの香り豊かな『蔵葡特製 パクチーを添えた和ピザ』

ふんだんに盛ったパクチーの風味がアクセントになっている和風ピザ。トマトとともに酒粕を使ったピザソースはやさしい味わいです
東京・銀座

蔵葡~kurabuu~

03-6264-1759

ラム×パクチー『パクチーとソテーしたラム肉サラダ ベリーソース』

脂がのった歯ごたえのあるラム肉に、パクチーの香りが豊かに広がる仕上がりで、上品で食べやすい一品です
東京・吉祥寺

al Hamal

0422-22-8555

カレンダー

Back to Top

1