ハブモアカレー

ハブモアカレー

03-3407-7001

※お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

「野菜をスパイスで食べる」がコンセプト。素材の持つ甘さ、苦み、風味が味わえます

表参道にあるカレー店【ハブモアカレー】。シェフの松崎氏は、インド料理を独自の解釈で和に落とし込み、カレー界に新たな旋風を巻き起こしています。もとは要町のカフェを間借りしてスタートさせたお店でしたが、その評判は口コミで広がり、2015年10月、表参道へ実店舗をオープン。メニューは日替わりで提供される『本日のカレープレート』のみという潔さ。カレーも小鉢もすべて辛さ控えめに、野菜のもつ甘みや苦みがくっきりと際立つように作られています。スパイスの風味や野菜の繊細な味わいが幾重にも連なり、味わい深く、まるで和食を食べているような錯覚に陥ります。そんなカレー御膳を一度味わってみてはいかがでしょう。

ハブモアカレー
これだけは食べてほしいベスト3

肉厚な生食用の春菊がアクセントの『おたふく春菊とチキンキーマカレー』

固定メニューのチキンキーマカレーに、加える具材で日々変化をつけています。今回は肉厚な歯ごたえがクセになるおたふく春菊です。

メニューを見る

肉厚な生食用の春菊がアクセントの『おたふく春菊とチキンキーマカレー』

2種のカレーとターメリックライス、それに3種の付け合せで構成された『本日のカレープレート』

ランチ・ディナーともに、フードメニューは日替わりのみの提供。その季節にしか食べられない野菜や、西洋の珍しい野菜が楽しめます。

2種のカレーとターメリックライス、それに3種の付け合せで構成された『本日のカレープレート』

見た目にもこだわりあり。葉野菜とのカラーコントラストが素敵な『スナップエンドウとフリルレタスのダル』

こちらは豆カレーの固定メニュー。旬のえんどう豆を煮込みの具材として使い、その上にはやや苦みのある葉野菜、フリルレタスを加えています。

見た目にもこだわりあり。葉野菜とのカラーコントラストが素敵な『スナップエンドウとフリルレタスのダル』

料理人 / 松崎 洋平 氏 (マツザキ ヨウヘイ)

専門ジャンル:インド料理

旅先で出会った本場のインドのカレーにのめりこみ、料理人の道へ

1979年4月17日生まれ、千葉県出身。日本でカレーの食べ歩きにハマり、旅行先のインドで出会った本場のカレーにのめりこんでいく。その後、新宿にあるカレーの名店【curry草枕】のキッチンで働きつつ、月2回のみ要町のカフェで【ハブモアカレー】の間借り営業をはじめる。その評判は口コミで広がり、2015年10月、表参道に実店舗をオープン。日本のカレー文化に貢献したカレー店を表彰する「カレーアワード2015」新人賞を受賞。

プロフィールを見る

松崎 洋平 氏

ハブモアカレーの店舗情報

基本情報

店名 ハブモアカレー
TEL

03-3407-7001

※お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

最寄駅 東京メトロ各線 表参道駅 徒歩2分
アクセス 東京メトロ各線「表参道駅」B2出口を渋谷方面に青山通りを行き、徒歩2分
住所 東京都港区北青山3-12-7 カプリース青山B1F 大きな地図を見る
営業時間
【月~水・金~日・祝・祝前】
ランチ 11:30~15:30 (L.O.15:00)
【月~水・金~日・祝・祝前】
ディナー 18:00~21:30 (L.O.21:00)
定休日 木曜日

お支払い情報

平均予算
【ディナー】
1280円
【ランチ】
1280円

設備情報

キャパシティ 20人
駐車場 なし

詳細情報

禁煙・喫煙 完全禁煙
こだわり
ホームページ http://havemorecurry.jp

このお店からのお知らせ

2016.12.22

旬味への誘いに掲載中

季節の野菜を楽しむカレープレートは、その繊細さから、まるでカレー御膳を頂いているかのよう

もっと見る

表参道・原宿・青山のアクセスランキング

もっと見る

表参道・原宿・青山でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

表参道・原宿・青山で女子会におすすめのお店

もっと見る

お店からのおすすめをチェック

ページトップ

Back to Top