ニチゲツボウタン

日月房 旦

080-3854-3618

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

歴史ある町家で楽しむ、独自の世界観を大切にした旬の海鮮料理と日本酒とのペアリング

旬の天然鮮魚に特化した料理を堪能できる【日月房 旦】。基本を大切に守りながら、『手づくりXO醤 伊勢海老の陶板焼き』や『雲丹とこのわたのお寿司』のような和食の枠に囚われない、独自の世界観を大事にした料理が並びます。豊富な経験を活かした店主の幅広い考えで、料理の融合を目指しているのが特徴。女将がそんな料理との相性や季節を考えてペアリングしてくれる日本酒が、そのおいしさを一層引き立ててくれます。100年続く町屋を新たに改装した店内は、樹齢300年の銀杏のカウンターなど、歴史と伝統を感じさせる魅力溢れる空間。ゲスト自身、今までに経験したことのない「見えない味」を感じ、至福のひと時を過ごせます。

日月房 旦
これだけは食べてほしいベスト3

二つの食材が織りなす絶妙なハーモニー『雲丹とこのわたのお寿司』

ゲストのリクエストで登場したというコースの中の一品。コースの中盤、料理に集中する時間帯に提供されます。日本三大珍味の二つ、雲丹とこのわたを使った取り合わせの妙を楽しめる、お酒がすすむ逸品です。

メニューを見る

二つの食材が織りなす絶妙なハーモニー『雲丹とこのわたのお寿司』

プリッとした食感がたまらない『手づくりXO醤 伊勢海老の陶板焼き』

滋賀県産の野菜・唐辛子に瀬戸内の干し海老を使い、店主手づくりのXO醤が絶品。国内産の地産地消にこだわった素材選びがされています。陶板で、ゲストの目の前で焼いて仕上げてくれるパフォーマンスも必見。

プリッとした食感がたまらない『手づくりXO醤 伊勢海老の陶板焼き』

皮はザクっ、身はふんわり。鮎のような爽やかな香り漂う大ぶりの『琵琶湖の天然鰻炭焼』

真空で熟成させ、味・香り・旨味を引き出した琵琶湖の天然鰻を使用。片時も離れず、鰻自身から滲みでる脂を残らずまとわせ、揚物のように焼きあがった鰻は、芳醇な味わいと食感です。
※季節替わりのコースの一品

皮はザクっ、身はふんわり。鮎のような爽やかな香り漂う大ぶりの『琵琶湖の天然鰻炭焼』

料理人 / 村松 昭治 氏 (ムラマツ ショウジ)

専門ジャンル:日本料理・懐石・割烹

幼少期から「食」が身近にあったため、自然と料理人の道へ

1979年、静岡県生まれ。親が無農薬野菜を栽培し、川魚や海魚を釣ってくるなど、活きた食材に囲まれて育つ。飼っていた軍鶏を小学生の頃から自分でさばき、近隣からは牛豚の新鮮な肉やホルモンをもらえるなど食卓はいつも豊かで、自然と料理の素地が育つ環境だった。東京の和食店で10年ほど修業後、日本料理の本場で腕を試したいと京都の川床料理店に約7年従事し、【汐鯛めし だい黒】を経て【日月房 旦】をオープン。

プロフィールを見る

村松 昭治 氏

日月房 旦の店舗情報

基本情報

店名 日月房 旦
TEL

080-3854-3618

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

最寄駅 京阪本線 祇園四条駅 徒歩10分
アクセス 京阪本線祇園四条駅出入口6番より八坂神社方面へ。祇園交差点を右折し徒歩約5分。
住所 京都府京都市東山区下弁天町58 地図を見る
営業時間
ランチ 12:00~14:00 (予約がベター)
ディナー 18:30~ (完全予約制)
定休日 不定休

お支払い情報

平均予算
【ディナー】
18000円
【ランチ】
4000円
クレジット
カード
VISA, JCB, AMEX, MASTER, 銀聯

設備情報

キャパシティ 13人
席数形態 カウンター7人、個室6人
駐車場 なし

詳細情報

禁煙・喫煙 完全禁煙
こだわり
ホームページ https://nichigetsubou.wixsite.com/nichigetsuboutan
備考 ※ディナータイムについて
 出来立てのお料理を最適なタイミングでお出ししたいので、
 なるべくご予約スタートを揃えたいと考えています。
 例えば19:00の方を最初にお取りしたら、19:00スタートで揃えます。

このお店からのお知らせ

2019.10.21

『おせち』の受付開始!

大将と女将の手づくり『おせち』の受付をはじめました。限定20セット。約4人前で40000円+消費税となります。11月末締切。

もっと見る

このお店のInstagramを見る

祇園・岡崎・清水寺×和食のアクセスランキング

もっと見る

祇園・岡崎・清水寺でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

祇園・岡崎・清水寺で忘年会におすすめのお店

もっと見る

お店からのおすすめをチェック

ページトップ

Back to Top