ジュシュウ

寿修

050-5263-0776

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

関西割烹の技と、日本各地の厳選素材。美食の都・東京を代表する日本料理の雄

食材の宝庫・九州出身の先崎真朗氏が大阪で本場の関西割烹を学び、そして食の激戦区である東京に開いた店。ここ【寿修】では、そんな各地の魅力と特長が見事に融合し、花開いています。たとえば食材は佐賀牛や唐津の魚介をはじめとした九州の逸品たちが中心。まろやかな関西出汁や素材を活かす上品な味付けは、大阪での修業の賜物です。そして名店ひしめく西麻布で舌の肥えたゲストに揉まれ、いまなお進化を続ける料理やコース展開。どれかひとつ欠けても成し得ない歴史が、この店の揺るぎない魅力を形づくっているのです。気さくなカウンターで味わう、各地の粋を集めた日本料理。その魅力に誰もが酔いしれることができるはず。

寿修
これだけは食べてほしいベスト3

まろやかな酸味が素材を引き立てる『毛蟹とウニの土佐酢和え』

先付けの一例。酢に鰹出汁や柑橘を加えて仕立てる土佐酢と、旨み濃い旬の魚介が絶妙な相性。

メニューを見る

まろやかな酸味が素材を引き立てる『毛蟹とウニの土佐酢和え』

甘みある野菜と蟹を出汁が包み込む『蟹真丈 蕪のみぞれ仕立て』

お椀の一例。蟹真丈、聖護院大根、金時菜などを蕪をおろしたみぞれで仕立てた逸品。

甘みある野菜と蟹を出汁が包み込む『蟹真丈 蕪のみぞれ仕立て』

肉の旨みがダイレクトに伝わる『佐賀牛イチボの炭火焼き』

焼き物の一例。上質な佐賀牛を炭火でじっくり焼き上げる。塩または出汁醤油で味わう。

肉の旨みがダイレクトに伝わる『佐賀牛イチボの炭火焼き』

料理人 / 先崎 真朗 氏 (センザキ マサアキ)

専門ジャンル:日本料理・懐石・割烹

その後の人生を大きく変えた、大阪の割烹との出会い

1976年生まれ、佐賀県出身。高校卒業後に入学した調理師学校では、当初は西洋料理の道を希望。しかし大阪・北新地の割烹【斗々屋】の料理に衝撃を受け日本料理へ転向、その【斗々屋】に入店し9年間修業を積む。その後東京に移り和食店、寿司店などで腕を磨いた後、2010年に西麻布の閑静な住宅街に【寿修】を開店。たゆまぬ努力と研究の末、2012年にはミシュラン2ツ星を獲得する。

プロフィールを見る

先崎 真朗 氏

お店の写真を募集しています

お店で食事した時の写真をお持ちでしたら、是非投稿してください。
あなたの投稿写真はお店探しの参考になります。

投稿アイコン

写真追加

寿修の店舗情報

基本情報

店名 寿修
TEL

050-5263-0776

03-6427-5167

※コロナウイルスの影響により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございますので、ご来店時は事前に店舗にご確認をお願いします。

最寄駅 東京メトロ各線 表参道駅 徒歩10分
東京メトロ千代田線 乃木坂駅 徒歩15分
アクセス 銀座線・千代田線・半蔵門線 表参道駅徒歩10分。根津美術館を西麻布方面に下ってY字路の一方通行を右に。
住所 東京都港区西麻布2-16-1 斎田ビル1F 地図を見る
営業時間
【平日・土・祝前】
18:00~01:00 (L.O.23:00)
定休日 日・祝日
年末年始は休みます。7日から営業です。

お支払い情報

平均予算
【ディナー】
17000円
17000円~18000円
クレジット
カード
UFJ, VISA, JCB, ダイナース, DC, UC, AMEX, NICOS, MASTER

設備情報

キャパシティ 12人 ( 宴会・パーティー時 着席:12人 )
席数形態 2名~6名テーブル席ご利用いただけます。8名以上で貸切可。
駐車場 なし

詳細情報

禁煙・喫煙 完全禁煙

※2020年4月1日より受動喫煙対策に関する法律が施行されました。正しい情報はお店にお問い合わせください。

こだわり

よくある質問

  • Q.予約はできますか?

    A.電話予約は 050-5263-0776 から承っています。

  • Q.場所はどこですか?

    A.東京都港区西麻布2-16-1 斎田ビル1F 銀座線・千代田線・半蔵門線 表参道駅徒歩10分。根津美術館を西麻布方面に下ってY字路の一方通行を右に。 ここから地図が確認できます。

お店に行った3人が
こんなシーンで利用しています

デート25%

接待/会食25%

食事会38%

記念日/お祝い13%

このお店のクチコミを見る

六本木・麻布十番・広尾×日本料理・懐石・会席のアクセスランキング

もっと見る

六本木・麻布十番・広尾でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

六本木・麻布十番・広尾で夏の飲み会におすすめのお店

もっと見る

ページトップ


Back to Top

報告する