ジュシュウ

寿修

050-5263-0776

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

先崎 真朗 氏 センザキ マサアキ

その後の人生を大きく変えた、大阪の割烹との出会い

1976年生まれ、佐賀県出身。高校卒業後に入学した調理師学校では、当初は西洋料理の道を希望。しかし大阪・北新地の割烹【斗々屋】の料理に衝撃を受け日本料理へ転向、その【斗々屋】に入店し9年間修業を積む。その後東京に移り和食店、寿司店などで腕を磨いた後、2010年に西麻布の閑静な住宅街に【寿修】を開店。たゆまぬ努力と研究の末、2012年にはミシュラン2ツ星を獲得する。

専門ジャンル
日本料理・懐石・割烹
経験年数
28年

自慢の一品

持てる技術の粋を集めて仕立てる自慢の『お椀』

伝統的な懐石のなかで、とくにこだわるという『お椀』。この日は松葉ガニの真丈と聖護院大根、椎茸、金時菜、めかぶを蕪のみぞれ仕立てで。上品な出汁の風味が活きた極上の味わいです。

こだわりの食材

身がぎっしりと詰まった兵庫産「松葉ガニ」

身がしっかり詰まったものだけを厳選。身の詰まりが味噌や身の甘みと直結しているのです。この日は兵庫県香美産。特定の産地ではなく、時期ごとに最良の逸品を仕入れています。

こだわり食材
ズワイガニ

おもてなしの流儀

さりげない対話を通してゲストの要望を汲み取る

ゲストとの距離感が近いのも関西割烹の特徴のひとつ。出すぎるのではなく、黒子に徹しつつ適度な会話のなかからゲストの好みや要望を汲み取る技術もまた、長年の経験の賜物です。

高い天井を活かした数寄屋風のインテリア

カウンターを中心とした約10坪の小箱ですが、天井が高いため窮屈なイメージは皆無。あえてヨーロッパ風に設えた板張りの床も、違和感なく調和しています。

営業時間・定休日

営業時間

【平日・土・祝前】
18:00~01:00 (L.O.23:00)

定休日

日・祝日 年末年始は休みます。7日から営業です。

寿修に行った3人の投稿から算出しています。

このお店のクチコミを見る

あなたにオススメのお店

西麻布でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

六本木・麻布十番・広尾で夏飲みにおすすめのお店

もっと見る

この情報は2021年4月現在の情報です。掲載情報が異なっている場合はこちらのフォームからご連絡下さい。

ページトップ


Back to Top