レストランポンテベッキオ

レストラン ポンテベッキオ

050-5263-8850

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

30周年を迎えた日本が誇るイタリアンの最高峰【レストラン ポンテベッキオ】

日本が誇るイタリアンの巨匠・山根大助シェフの料理に対する思いを可能な限り実現するため、食材選びや調理はもちろん、サービス、空間づくりから食器に至るまで、あらゆる点でベストを尽くす、「ポンテベッキオ」グループの原点であり最高峰。全ての面で“妥協がない”最上級の店といえます。また、グループのフラッグシップとして、新しいメニューの開発や実験、試作を行う場でもあります。1996年のオープンから30周年を迎えてなお常に進化し続ける店は、当然ながらいつ訪れても新たな発見があり、リピーターを飽きさせることがありません。

料理人 / 山根 大助 氏 (ヤマネ ダイスケ)

専門ジャンル:イタリア料理

イタリア政府も認めた日本を代表するイタリアンの巨匠

大阪あべの辻調理師専門学校卒業後、国内随一の老舗イタリアン【ドンナロイヤ】に入社し、1984年にイタリアに渡る。ミラノ【グアルティエロ・マルケージ】をはじめ各地で研鑽を積んで1986年に帰国すると、24歳で【リストランテ・ポンテベッキオ】をオープン。2004年にはイタリア文化の日本への橋渡しに貢献したとしてイタリア政府からカヴァリエーレ章を贈られた、日本を代表するイタリアンシェフである。

プロフィールを見る

山根 大助 氏

写真

  • 極上の料理ともてなしで大事な接待やデートの勝負をアシスト

    極上の料理ともてなしで大事な接待やデートの勝負をアシスト

  • 食器や内装に至るまでシェフの妥協なき姿勢が及ぶ

    食器や内装に至るまでシェフの妥協なき姿勢が及ぶ

  • “ここぞ”という本気の接待では私たちがアシスト致します

    “ここぞ”という本気の接待では私たちがアシスト致します

  • ロングセラー『温かいポテトのティンバッロとキャビア』

    ロングセラー『温かいポテトのティンバッロとキャビア』

  • イタリア産に限らず安心でおいしいワインを仕入れる柔軟性

    イタリア産に限らず安心でおいしいワインを仕入れる柔軟性

  • 11月から1月上旬にかけて内子が充実するワタリガニ

    11月から1月上旬にかけて内子が充実するワタリガニ

  • 安心安全でおいしい食材を選ぶのは“当然の大前提”

    安心安全でおいしい食材を選ぶのは“当然の大前提”

お店の写真を募集しています

お店で食事した時の写真をお持ちでしたら、是非投稿してください。
あなたの投稿写真はお店探しの参考になります。

投稿アイコン

写真追加

レストラン ポンテベッキオの店舗情報

基本情報

店名 レストラン ポンテベッキオ
TEL

050-5263-8850

06-6229-7770

営業時間・定休日が記載と異なる場合がございますので、ご予約・ご来店時は事前にご確認をお願いします。

最寄駅 市営地下鉄堺筋線 北浜駅 徒歩3分
京阪本線 北浜駅 徒歩3分
アクセス 市営地下鉄堺筋線、京阪本線「北浜駅」より徒歩3分
住所 大阪府大阪市中央区北浜1-8-16 大阪証券取引所ビル1F 地図を見る
営業時間
ランチ 11:30~ (L.O.14:00)
ディナー 18:00~ (L.O.21:00)
定休日 不定休

お支払い情報

平均予算
【ディナー】
30000円
【ランチ】
15000円
クレジット
カード
VISA, JCB, ダイナース, AMEX, MASTER

設備情報

キャパシティ 60人
席数形態 完全個室あり/会食向けの座席あり/デート向けの座席あり
駐車場 なし

詳細情報

禁煙・喫煙 分煙

受動喫煙対策に関する法律が施行されておりますので、正しい情報はお店にお問い合わせください。

こだわり

よくある質問

  • Q.予約はできますか?

    A.電話予約は 050-5263-8850 から承っています。

  • Q.場所はどこですか?

    A.大阪府大阪市中央区北浜1-8-16 大阪証券取引所ビル1F 市営地下鉄堺筋線、京阪本線「北浜駅」より徒歩3分 ここから地図が確認できます。

お店に行った1人が
こんなシーンで利用しています

デート33%

食事会33%

記念日/お祝い33%

北浜×イタリアンのアクセスランキング

もっと見る

北浜でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

淀屋橋・本町・北浜で歓送迎会におすすめのお店

もっと見る

この情報は2021年4月現在の情報です。掲載情報が異なっている場合はこちらのフォームからご連絡下さい。

ページトップ


Back to Top

報告する