タクミシンゴ

匠 進吾

  • ジャンル 鮨・寿司
  • 平均予算 ディナー:20000円
  • 最寄り駅 青山一丁目駅 徒歩2分
  • 定休日 水曜日

050-5263-9853

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

日本酒にこだわっている

料理の味を引き立てる米の旨みとキレのある日本酒

修業時代、宮城県の酒蔵に半年間住み込み、日本酒づくりも学んだ店主が日本酒を厳選。香りの立ちやすい吟醸系よりも、米の旨みがあり、なおかつキレのよい純米酒系の日本酒を常時15種類ほど用意しています。

旬の食材にこだわっている

修業時代に培った確かな目利きで旬魚を厳選

【すし匠】での18年間に及ぶ修業、さらには五島列島で漁師として海に出ていたこともある店主だからこそ、魚に対する目利きは確か。旬と質にこだわる魚の魅力を、絶妙な熟成や締め具合によって最大限に引き出します。

演出・サービスに特徴がある

握りと肴が代わる代わる供される痛快なおまかせスタイル

約10品という豊富な肴が握りとともに交互に楽しめるおまかせのスタイルは【すし匠】譲り。食べ手の箸の進み具合や、お酒の飲み具合を見計らい、各々にあった間合いと品数で供されていきます。

食器・内装にこだわっている

凛とした雰囲気を感じさせながらも、気後れせず過ごせる

圧迫感を与えないようにと、店内は唐津焼の陶器と生け花を飾り付けるだけで、シンプルな内装を心がけています。楽しく、穏やかに過ぎる時間がゲストの心を解きほぐしてくれることでしょう。

隠れ家的

待ち受ける美味に期待も高まる、隠れ家的な佇まい

店があるのは青山一丁目駅にほど近い、外苑東通りから一本入った路地裏。知らなければ通り過ぎてしまいそうな、小さな看板を掲げるだけの店構えが隠れ家的な雰囲気を醸し出しています。

このお店からのお知らせ

2019.02.04

<ヒトサラSpecial> 「東京美食エリアの 最前線」に掲載中

恵比寿、青山、広尾、六本木。都内屈指の美食エリアで今、注目すべき店をご紹介します

2019.02.04

系列店・四ツ谷【すし匠】

変幻自在の握りとつまみで、日本を代表する江戸前鮨

2019.02.04

系列店・新宿【すし 岩瀬】

鮨不毛地帯と言われた新宿エリアに、2012年登場。西麻布【すし匠まさ】にはじまり、【すし昴】、【匠達広】と名店でその腕を磨き、2012年に独立

2019.02.04

系列店・赤坂見附【すし匠 斎藤】

握りとつまみを交互に提供する「すし匠スタイル」を変えることなく、さらに独自のスパイスを加えたのがこちらのお店

2019.02.04

系列店・銀座【鮨 あらい】

中澤親方に次ぐ2番手として修行を積み、すし匠系列では唯一握りとつまみを交互に提供せず、つまみから握りのスタイルを貫いているのがこちらのお店

私がつくっています

高橋 進吾 氏

料理人
高橋 進吾 氏(タカハシ シンゴ)

専門ジャンル: 寿司

【すし匠】で腕を磨き、漁師や日本酒づくりも経験した修業時代

1978年、茨城県生まれ。高校中退後、鮨職人だった叔父の薦めで鮨道を歩み始まる。縁あって、四谷の名店【すし匠】へ入ると、鮨界の巨匠・中澤氏のもと、18年間にわたり修業を重ねる。一方、29歳からの3年間は一時鮨から離れ、五島列島では漁師、宮城の酒蔵では日本酒づくりなどを経験。そして、2013年5月、満を持して南青山の路地裏に【匠 進吾】をオープンした。

もっと見る

営業時間・定休日

営業時間

【月・火・木~日・祝・祝前】
18:00~23:00 23:00(最終入店)

定休日

水曜日

お店に行った9人が
こんなシーンで利用しています

ビジネス関係の33%

友人/同僚と33%

ひとりで33%

食事会43%

接待/会食24%

デート19%

記念日/お祝い14%

favoreatユーザーが食べて
美味しかった料理レコメンド

鰹を和からしで

鰹を和からしで

臭みも一切なく、新鮮な鰹を和からしでいただきました。鰹がと…

もっと見る

外苑前/青山一丁目×鮨・寿司のアクセスランキング

もっと見る

外苑前/青山一丁目でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

表参道・原宿・青山で歓送迎会におすすめのお店

もっと見る

この情報は2021年4月現在の情報です。掲載情報が異なっている場合はこちらのフォームからご連絡下さい。

ページトップ


Back to Top