スシラクミ

鮨 楽味

050-5870-5976

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

空席確認・予約する

野村 一也 氏 ノムラ カズヤ

幼いころから鮨を食べるのが好きだった、京都の若きにぎり手

1988年、富山県生まれ。幼いころから鮨を食べるのが好きだった。料理にも興味があり、母親の料理を手伝うなどして、将来は料理人という夢を持つ。18歳より6年間、東京のすし店で修業後、京都祇園の【祇園さゝ木】に弟子入り。その後、東京銀座の【鮨よしたけ】で江戸前鮨を学ぶ。2019年1月、【祇園さゝ木】プロデュースの鮨店【鮨 楽味】がオープン。オープン時から店主として、修業した2店の技法を融合した料理を提供している。

専門ジャンル
寿司
経験年数
14年

自慢の一品

江戸前鮨の職人技が光る、人気メニュー『赤身の漬け』

東京銀座の名店【鮨よしたけ】で江戸前鮨の技を学んだ経験を活かし、にぎられた『赤身の漬け』は、素材の旨味が最大限に引き出された江戸前鮨の職人技が光る人気メニューです。

こだわりの食材

鮨の主役となるネタは、京都市中央市場、豊洲市場や焼津などから

料理人自ら毎朝通う京都市中央市場。また豊洲市場や焼津などから旬の新鮮食材の仕入れを行っています。新鮮な素材に真摯に向き合い、素材の旨味を最大限に引き出す江戸前鮨の技が徹底されています。

おもてなしの流儀

職人の技を目の前で見ることができる、カウンター8席の特別空間

カウンター8席のみという空間。全ての来店者と料理人との距離が均一になるように「く」の字の形をしており、どの席からも料理人の職人技を目の当たりにできます。

【祇園 さゝ木】プロデュース。温故知新の和食と江戸前鮨が融合

京都の人気割烹である【祇園 さゝ木】がプロデュースした鮨店。店を仕切るのは、人気店で修業を重ねた若きにぎり手・野村一也氏です。温故知新の和食と江戸前鮨が融合した珍しい料理に舌鼓。

営業時間・定休日

営業時間

【平日・土・祝・祝前】
ディナー 17:00~22:00 「17:00~」と「19:30~」一斉スタートの2部制です。

定休日

日曜日 ※不定休あり

空席確認・予約する

あなたにオススメのお店

祇園でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

この情報は2021年11月現在の情報です。掲載情報が異なっている場合はこちらのフォームからご連絡下さい。

ページトップ


Back to Top