スシスズキ

鮨 鈴木

03-5537-6868

※お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

鈴木 孝尚 氏 スズキ タカヒサ

名店仕込みの正統派の技と、妥協のない職人魂が持ち味

1975年、静岡県生まれ。父親が料理人を志していたことから、幼い頃から親子で食べ歩きに出かけていたのが料理人としてのルーツ。高校を卒業すると築地や木挽町の老舗で腕を磨き、28歳で【鮨 青木】に。同店の西麻布店の立ち上げスタッフとして赴き、後に3年に渡り店長を務める。【鮨 青木】以前は修業をして静岡に戻ることを考えていたが、やがて「鮨屋をやるなら銀座」との思いが高まり、2015年【鮨 鈴木】を開店。

専門ジャンル
寿司
経験年数
28年

自慢の一品

まろやかなシャリと厳選ネタで仕立てる自慢の『握り』

シャリは角のない赤酢とすっきりとした白酢をブレンドし、まろやかな味わいを生み出しています。塩釜の鮪、富山の白海老、静岡舞阪のシンコなど、名だたるネタとともに、極上の握りに仕立てます。

こだわりの食材

ケースのなかに並ぶのは、自らの舌が納得する魚介だけ

ある日の『鯵』は、鹿児島や大阪湾のものと比べた末に、島根産を選択。ただブランドで選ぶのではなく、自ら納得するものだけを使用する。宮城の鮪、香川の赤貝、愛知のミル貝など、その他の素材も同様。

こだわり食材
アジ 、 マグロ 、 アカガイ

おもてなしの流儀

味だけでなく雰囲気でも魅了する名職人の心意気

ひとりひとりのお客様とお話をすることもまた、鮨職人の仕事のひとつ。皆様が心地よくお過ごし頂けるよう心がけています。ひとりのお客様はカウンターの真ん中にお通しするなど、ご案内の工夫も。

職人技を間近に眺めるカウンターは、さながら伝統演芸の舞台

背後に焼き場への入口をつくるなど、ひとりで立つことを念頭に動線設計。全10席のカウンターは、どの席からも職人の所作のひとつひとつが眺められる特等席です。

営業時間・定休日

営業時間

【火~日・祝・祝前】
ランチ 12:00~14:00
【火~日・祝・祝前】
ディナー 17:30~22:00

定休日

月曜日

鮨 鈴木に行った1人の投稿から算出しています。

あなたにオススメのお店

銀座でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

この情報は2021年4月現在の情報です。掲載情報が異なっている場合はこちらのフォームからご連絡下さい。

ページトップ


Back to Top