キョウボシ

京星

050-5263-4696

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

榊原 俊徳 氏 サカキバラ トシノリ

【京星】ならではの天ぷらを守りつつ新しい提案も果敢に

1969年生まれ。祇園に創業した【京星】が東京へ移転したことから自身は東京に生まれ育つ。高校卒業後、兵庫県の有名料亭にて修業。4年ほど後、先代である父の体調悪化により銀座の店に戻り、父のもとでさらに修業を重ねる。22歳で、原点である祇園に開店。代々の味を守りながら、さつま芋の天ぷらをブランデーと砂糖で味わうなど新しい提案で新境地を開いてファン層を広げ、世界も認める1軒へと成長させた。

専門ジャンル
和食全般
経験年数
35年

自慢の一品

寒い時期なら『ネギ』。試行錯誤を重ねた一品です

ネギを束ねて、さらにネギで巻いたもの。甘さを存分に楽しんでいただけ、歯切れもよいと好評です。使用するのは万能ネギ。ブランドではありませんが、太さも食感も天ぷらには最適なんです。

こだわりの食材

車海老など定番は常にいいものがご提供できるように

自分の目で見て、天ぷらに最適と納得したものだけを仕入れています。なかでも、定番である活けの車海老、京都を代表する魚の「ぐじ」などは、お客様の期待値も高く、それに応えられるよう厳しい目で選んでいます。

こだわり食材
鮮魚全般

おもてなしの流儀

ストレスなくお食事を楽しんでいただけるように

カウンターを満席にしないのは、隣が気にせず、またお着物のお客様に少しでも楽に過ごしていただけるように。加えて、お客様のペースで揚げたてをご提供するためにも、その余裕が必要だと感じています。

天ぷらにさりげなく花街らしい気遣いを

私の代で変えたこととして、カットの仕方があります。芸妓さんや舞妓さんにも召し上がっていただきやすいよう、ほぼ一口大に。さらに形もいろいろ工夫していますので、それを糸口にお話も弾むのではないでしょうか。

営業時間・定休日

営業時間

【平日・土・祝・祝前】
18:00~22:00 (L.O.20:00)

定休日

日曜日

京星に行った3人の投稿から算出しています。

このお店のクチコミを見る

あなたにオススメのお店

祇園でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

この情報は2021年4月現在の情報です。掲載情報が異なっている場合はこちらのフォームからご連絡下さい。

ページトップ


Back to Top