イシバシ

いし橋

050-5263-0868

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

神田に佇む日本家屋の老舗。日本の粋に酔い、すき焼きに惚れ直す

末広町から徒歩1分、神田に凛と佇む瓦屋根の日本家屋。すき焼きの老舗【いし橋】は明治5年に肉屋直営店として創業。明治12年から、歴代の女将のみが割り下のレシピを受け継いでいます。1枚目の肉から〆の『おじや』まで、すき焼きは専属の仲居さんが調理。肉は直営の肉屋、料理は板前、調理は仲居さん。職人が持ち場に専念し、老舗の暖簾を守っています。秘伝の割り下と卵が際立たせる黒毛和牛のとろける旨みは出色。思わず生唾が湧く割り下の芳香の中、最高の美味しさを余すところなく堪能できます。「日本文化、純和風を感じてほしい」と語るのは5代目店主の石橋さん。店内の随所に日本の粋を感じられる【いし橋】で、すき焼きに惚れ直します。

いし橋
これだけは食べてほしいベスト3

『すき焼き』(霜降り/サーロイン)

すき焼きのコースはサーロインと霜降りから選べます。しゃぶしゃぶコースもあります。

メニューを見る

『すき焼き』(霜降り/サーロイン)

柚子の皮を器にした季節のメニュー『柚子釜蒸し』

爽やかな柚子の芳香が鼻孔を抜ける、あっさり味の茶わん蒸し。彩鮮やかで、見た目にも楽しい前菜。

柚子の皮を器にした季節のメニュー『柚子釜蒸し』

鯛とウニの上品な味わい『鯛のウニ焼き』

上には白髪ネギと柚子の千切りが飾られています。カブの酢漬けは、職人の細かい技術が光ります。

鯛とウニの上品な味わい『鯛のウニ焼き』

メニューを見る:

店長 / 石橋 伸介 氏 (イシバシ シンスケ)

専門ジャンル:しゃぶしゃぶ・すき焼き

廃業の危機を乗り越え、暖簾を守った5代目店主

1968年、東京都生まれ。幼少期から長男として跡取りになる意志があり、大学卒業後に店を継ごうとしたが、父から“丁稚奉公”に出るよう命じられ、旅行会社に就職。バブルが弾けると、“社用族”に愛されていた店は廃業の危機に陥る。祖母から店を閉めると聞いたが「いし橋の稼業を潰してほしくない」と阻止。25歳の夏に会社を辞め、4代目だった父から店を引き継ぎ、現在に至る。

プロフィールを見る

石橋 伸介 氏

いし橋の店舗情報

基本情報

店名 いし橋
TEL

050-5263-0868

03-3251-3580

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

最寄駅 東京メトロ銀座線 末広町駅 徒歩2分
東京メトロ千代田線 湯島駅 徒歩5分
アクセス 東京メトロ銀座線「末広町駅」3番出口から徒歩2分/東京メトロ千代田線「湯島駅」6番出口から徒歩5分
住所 東京都千代田区外神田3-6-8 大きな地図を見る
営業時間
【平日・祝前】
17:00~21:30 (L.O.20:00)
定休日 土・日・祝日

お支払い情報

平均予算
【通常】
15000円
15000円~16000円

設備情報

キャパシティ 30人
席数形態 全室個室(最大25人・最低2人)
駐車場 なし

詳細情報

禁煙・喫煙 分煙
こだわり

このお店のクチコミを見る

神田・神保町・秋葉原のアクセスランキング

もっと見る

神田・神保町・秋葉原でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

神田・神保町・秋葉原で歓送迎会におすすめのお店

もっと見る

お店からのおすすめをチェック

ページトップ

Back to Top