ラボンバンス

ラ・ボンバンス La BOMBANCE

  • ジャンル 創作和食
  • 平均予算 ディナー:14000円
  • 最寄り駅 六本木駅 徒歩10分
  • 定休日 日・祝日

050-5871-2153

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

西麻布の隠れ家。日本料理の伝統を踏襲しつつ、枠に囚われない美食の数々

【La BOMBANCE】とは、“ご馳走”の意味。店名にフランス語を用いたのは、「ジャンルを超越した日本料理を楽しんでほしい」というオーナー・岡元信氏の想いがあります。フォアグラやトリュフなどの食材を取り入れたり、魚介類でとったダシをムースにしたり。自由奔放な料理はこの店の真骨頂のひとつですが、それは決して色物ではありません。紀尾井町の高級料亭【福田家】で腕を磨いた岡元氏が生み出すひと皿ひと皿は、日本料理の伝統が確かに息づいたもの。その証しに、数々の美食家を唸らせてきたばかりか、『ミシュランガイド東京』では5年連続で星を獲得。全9~10品のコースは、日本料理の新たな一面を見せてくれます。

ラ・ボンバンス La BOMBANCE
これだけは食べてほしいベスト3

3種の寿司が目にも鮮やかな野菜とともに

あん肝を包んだ牛肉を小さな焼きおにぎりに乗せるなど、ここでは寿司も独創的なひと皿に。

メニューを見る

3種の寿司が目にも鮮やかな野菜とともに

日本料理の技を落とし込んだフォアグラのソテー

内容は変わるが、フォアグラ料理は店のスペシャリテのひとつ。この日はきのこ餡をかけて。

日本料理の技を落とし込んだフォアグラのソテー

香箱蟹の内子と外子を贅沢に使い、ビーフン仕立てに

香箱蟹の豊かな風味と旨みが絶妙な一品。野沢菜の合わせ方も巧み。※料理にメニュー名はありません

香箱蟹の内子と外子を贅沢に使い、ビーフン仕立てに

料理人 / 岡元 信 氏 (オカモト マコト)

専門ジャンル:日本料理・懐石・割烹

独創的な料理の裏側にあるのは、紆余曲折の修業時代。

1973年、新潟県生まれ。日本料理【鴨川】で料理人としての基礎を学ぶ。その後も修業を重ねるが、一時は自分の技術に自信が持てず帰省。しかし、応援してくれた人たちを傷つけてしまうとの思いから、【紀尾井町福田家】に入店し、がむしゃらに働くことを決意。4年で親方に認められ、卒業してもいいと言われるまでに。退店後、【ラ・ボンバンス】オーナーシェフとして、やってきたことを迷いなく表現し、独時の世界観を切り拓く。

プロフィールを見る

岡元 信 氏

ラ・ボンバンス La BOMBANCEの店舗情報

基本情報

店名 ラ・ボンバンス La BOMBANCE
TEL

050-5871-2153

03-5778-6511

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

最寄駅 東京メトロ日比谷線 六本木駅 徒歩10分
東京メトロ日比谷線 広尾駅 徒歩10分
アクセス 東京メトロ日比谷線「六本木駅」下車徒歩10分/東京メトロ日比谷線「広尾駅」下車徒歩10分
住所 東京都港区西麻布2-26-21-B1F 大きな地図を見る
営業時間
【平日・土・祝前】
18:00~22:00 (L.O.01:00) ※22:00最終入店
定休日 日・祝日

お支払い情報

平均予算
【ディナー】
14000円
クレジット
カード
UFJ, VISA, JCB, ダイナース, DC, UC, AMEX, NICOS, MASTER, セゾン, 銀聯

設備情報

キャパシティ 30人
駐車場 あり

近くにコインパーキングあり

詳細情報

禁煙・喫煙 完全禁煙
こだわり

このお店のクチコミを見る

六本木・麻布十番・西麻布のアクセスランキング

もっと見る

六本木・麻布十番・西麻布でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

六本木・麻布十番・西麻布で忘年会・新年会におすすめのお店

もっと見る

お店からのおすすめをチェック

ページトップ

Back to Top