ギュウタンシュンサイスズノヤ

牛たん・旬菜 鈴の屋

050-5871-1917

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

空席確認・予約する

深谷 仁博 氏  フカヤ キミヒロ

共働きの両親のもと小学生から料理を作り始め和食一筋修行に励む

1973年8月7日生まれ、北海道上川郡当麻町出身。両親が共働きだったので、小学生の頃から料理を作るようになり、味付けの工夫など料理の楽しさを覚える。高校卒業後、札幌で和食店に就職し、修業をはじめ専門的な知識や技術を学ぶ。その後、ホテルの和食店で料理長を務める。2011年5月に独立し【牛たん・旬菜 鈴の屋】を開業、現在に至る。

専門ジャンル
和食全般
経験年数
30年

自慢の一品

牛たんのイメージを大きく変える逸品『極厚・たん元の炭火焼き』

じっくりと熟成させたことで目覚めた牛たん本来の旨みと柔らかさが堪能できます。1頭から1~2人前ほどしか取れないほど厳選した霜降り部位は、これまで食べたことがないおいしさです。

こだわりの食材

季節や日替わりで入荷する旬の素材を、一番美味しくなる調理法で

牛たんはもちろん、それ以外の素材も北海道産を中心にして旬と品質の良さにこだわっています。それぞれの素材本来の深い味わいが楽しめるように調理法を選んでいるので、どれをとっても素材の旨みが堪能できます。

こだわり食材
鮮魚全般 、 牛タン

おもてなしの流儀

楽しい会話と和やかな雰囲気が料理をさらに美味しくするスパイス

「厳選した素材を活かしている美味しい料理を、さらに美味しく感じてもらうために、楽しい会話やアットホームな雰囲気のある店づくりを心がけています」というとおり、一人で行っても楽しく過ごせます。

美味しいものを楽しく味わう「幸せの時間」を、お客様とともに

メニューを見ずに「マスターのおすすめで」と注文する常連客もいるほど、素材をそれぞれの旬に美味しく味わうことに妥協のないマスターです。宴会コースは、そんな【牛たん・旬菜 鈴の屋】の味が凝縮されています。

プロが教える食の知恵袋 おいしいヒント

深谷 仁博 氏

料理はなにより“塩梅”が大切、塩を料理によって使い分けてみて

塩梅という言葉があるように、基本の調味料は塩です。その加減で、料理の味が決まってしまうといって間違いありません。店では主に肉料理には岩塩を使っていますが、料理によって種類を変えるなど使い分けています。

営業時間・定休日

営業時間

【金・土・祝前】
17:00~02:00 (L.O.01:00)
【月~木】
17:00~00:00 (L.O.23:00)

定休日

日・祝日 GW、お盆、年末年始 ※12/31~1/4までお休みとさせていただきます

空席確認・予約する

牛たん・旬菜 鈴の屋に行った9人の投稿から算出しています。

このお店のクチコミを見る

あなたにオススメのお店

すすきのでランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

この情報は2022年1月現在の情報です。掲載情報が異なっている場合はこちらのフォームからご連絡下さい。

ページトップ


Back to Top