ギオンナンバ

祇園 なん波

075-525-0768

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

難波 修 氏 ナンバ オサム

伝統を守りながら新しい風を取り入れる創意溢れる京懐石の料理人

1964年、岡山県生まれ。父が魚屋を営んでいた影響で新鮮な魚介類には幼い頃から親しむ。そんな父の薦めもあり料理人の道へ。初めて勤めた店【恭ぜん】の頃、調理だけでなく器にも興味を持ち関連する本を読んだり休みごとに美術館を巡って見識を深めた。その後京都ホテルオークラの懐石料理【入舟】にてさらに料理の腕を磨き、独立。【祇園 なん波】を開店、京料理の正道を歩み続ける。

専門ジャンル
日本料理・懐石・割烹
経験年数
38年
師匠
堀江隆雄、荻須恭三
修業したお店
滋賀・八日市【恭ぜん】、京都ホテルオークラ【入舟】

自慢の一品

季節を五感で楽しむ『煮物椀』 (写真は春の献立例)

お客様自らが蓋を開けていただくことで、立ち上る湯気と香りを感じてください。そして器のなかで組み立てられた素材の彩りを目で楽しんでください。旬の食材それぞれの持ち味を活かした出汁を味わう一品です。

こだわりの食材

味や質の良い食材を吟味し、日々の料理に取り入れています。

牛肉は、京都の隣県・滋賀県の近江牛を用いることが多いです。なかでも極少量しかとれない貴重な「いちぼ」は柔らかさ、旨味のバランスが良く、野菜などとの相性も良いので好んで使う食材です。

こだわり食材
牛肉全般

おもてなしの流儀

満面の笑顔でのお見送り

お食事の時間中はどうしても調理に専念しがちで、お客様へのお声がけができないこともあります。ですのでお見送りの際には、感謝の気持ちを込めて満面の笑顔でお見送りさせていただいています。

お一人様でも気兼ねなく食事を楽しめます

【祇園 なん波】はカウンター席もあるので、お一人様でも気兼ねなく食事を楽しめます。地元の方、関西の方、旅行で京都を訪れたお一人様も多く利用しています。海外からのお客様には英語での接客が可能です。

プロが教える食の知恵袋 私のごひいき

難波 修 氏

祇園・花見小路新橋(辰巳神社前)【Le sarment D'or】

私が以前勤めていた【入舟】が入る、京都ホテルオークラのフランス料理店【ピトレスク】にて料理長を勤められた方のお店【ル・サルモンドール】です。味はもちろんですが素材や盛り付けなど料理の勉強にもなります。

祇園 なん波の店舗情報

基本情報

店名 祇園 なん波
TEL

075-525-0768

営業時間・定休日が記載と異なる場合がございますので、ご予約・ご来店時は事前にご確認をお願いします。

最寄駅 京阪本線 四条駅 徒歩5分
阪急京都線 河原町駅 徒歩8分
アクセス 四条花見小路から八坂神社に向かって、亀屋円月堂さん(和菓子屋さん)の路地を北に入ってすぐ東側。
住所 京都府京都市東山区四条花見小路東入ル祇園町北側297-7 地図を見る
営業時間
17:00~21:00 L.O.21:00
ランチ 11:30~13:30 L.O.13:30
定休日 木曜日

お支払い情報

平均予算
【ディナー】
13000円
【ランチ】
6000円
クレジット
カード
VISA, JCB, ダイナース, DC, UC, AMEX, MASTER, セゾン

設備情報

席数形態 カウンター6席、他に個室あり。全24席。(通常4名~8名1室)。貸切は10名から
駐車場 なし

当店のご用意はございませんが、付近に有料駐車場があります。

詳細情報

禁煙・喫煙 完全禁煙

受動喫煙対策に関する法律が施行されておりますので、正しい情報はお店にお問い合わせください。

こだわり
ホームページ http://kyotonanba.com/

営業時間・定休日

営業時間

17:00~21:00 L.O.21:00
ランチ 11:30~13:30 L.O.13:30

定休日

木曜日

祇園 なん波に行った2人の投稿から算出しています。

あなたにオススメのお店

祇園でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

この情報は2021年7月14日現在の情報です。掲載情報が異なっている場合はこちらのフォームからご連絡下さい。

ページトップ


Back to Top