キオイチョウフクダヤ

紀尾井町 福田家

050-5870-4633

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

空席確認・予約する

松下 俊一 氏 マツシタ シュンイチ

季節を映す料理と魯山人の器を通して、春夏秋冬の詩情を届ける

1969年、長野県出身。【福田家】料理長。南信州の自然の中で育ち、山里の食材に親しんで育つ。高校卒業後、大阪の辻調理師学校で学び、東京へ。銀座の河豚専門店、都内や箱根のハイクラスホテルの日本料理店で腕を磨いた後、2006年に福田家との縁を得る。副料理長として長年活躍し、2016年に現職。季節ごとの料理の美味しさに加え、魯山人作の器に料理を盛り付ける趣向を日々完成形へ導き、国内外のゲストを魅了する。

専門ジャンル
日本料理・懐石・割烹
経験年数
32年

自慢の一品

魯山人や永楽作の大鉢や大皿で供する、豪快で美しい『盛り込み』

【福田家】ならではの豪快かつ繊細な逸品。大きな器に一組様分の焼き物やお造りを盛り込み、料理と器の調和の妙を愛でていただいた後、料理人が取り分けます。写真は春の一例。ご用命の詳細はお問い合わせください。

こだわりの食材

瀬戸内産ボラ子を使った、創業以来の名物「自家製からすみ」 

創業時からの伝統の味・自家製からすみは、魯山人の助言により、通常の塩漬けでなく、西京味噌漬けで仕上げ。お酒の肴に格好のまろやかで奥深い味わいが信条です。販売も行っており、大切な方への手土産として好評。

こだわり食材
鮮魚全般 、 伊勢海老 、 米

おもてなしの流儀

料理と器、設えを通して、四季を身近に実感できる味と美を届ける

昭和14年の創業以来、「料理とは『美』と『味』の調和を楽しむもの」という魯山人の信念を追求。季節の香り・彩り・滋味を伝える料理、器との調和、設え、接客のすべてで五感に響く「おもてなし」を届けています。

魯山人の美意識を受け継ぎつつ、時代のニーズに即した料理を提供

紀尾井町1番に趣のある日本家屋と庭を保持する老舗料亭。敷地に一歩入ると、魯山人との縁が生んだ風雅と静寂の非日常空間が展開。円熟味を増す松下料理長が紡ぐ、魯山人作の器と料理の調和の妙も大きな醍醐味。

営業時間・定休日

営業時間

【平日・土・祝前】
ディナー 17:30~22:00 (L.O.20:00)土(10名様以上)
【金・土】
ランチ 11:30~14:30 最終入店(13:00)

定休日

日・祝日 土曜不定休(月1度休み)、夏季・年末年始休業あり

空席確認・予約する

紀尾井町 福田家に行った2人の投稿から算出しています。

あなたにオススメのお店

永田町でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

この情報は2021年4月現在の情報です。掲載情報が異なっている場合はこちらのフォームからご連絡下さい。

ページトップ


Back to Top