ニホンリョウリリュウギン

日本料理 龍吟

03-6630-0007

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

空席確認・予約する

食器・内装にこだわっている

一級品の器を愛でるのも【龍吟】での楽しみ

器は、山本征治氏が長年かけて少しずつ集めたもの。酒井田柿右衛門はじめ、樂吉左衛門、藤本能道など、日本が誇る名工の手による惚れ惚れするような器が登場。また、中にはその料理のために誂えた特注品もあります。

日本酒にこだわっている

珠玉のラインナップを誇る国酒・日本酒

料理のパートナーとして山本シェフが選ぶお酒は、やはり日本酒。中には、日本屈指の蔵元が出す最高クラスの一本も。極上の日本料理と日本酒が奏でる甘美な味わいに、日本人としての心がすっと満たされます。

国産食材にこだわっている

山海が育んだ、日本が誇る天然素材の数々

日本料理において、素材は“命”。日本の海と山が育くんだ純粋な天然素材、それも見たこともないほどの最高峰のものばかり。「日本の素材の価値を、どう証明するか」というシェフの覚悟がここに表れています。

個室がある

至高の晩餐会を個室で楽しむ

個室は最大8名まで。痒いところも手が届く極上のサービスはもちろん、至高の料理を味わい、美しい器を愛でる日本の豊かさにふれる時間を、周囲を気にせず大切な人と共有できます。

演出・サービスに特徴がある

店内に配された、芸術品のような器の展示空間

広く空間をつかったフロアの随所に、美術館のように器を展示。これは言うなれば「龍吟コレクション」。食事をしながら、器の芸術性と日本が世界に誇る価値を楽しんでほしい、という山本シェフの思いの表れです。

料理・お店の雰囲気

高知から届くカツオ

 

14代酒井田柿右衛門『花蝶文(かちょうもん)』

 

藤田喬平作のガラス器

 

藤本能道

 

1700年代後半の古伊万里(作者不詳)

 

“龍吟専用タグ”が付いた松葉ガニ

 

私がつくっています

山本 征治 氏

料理人
山本 征治 氏(ヤマモト セイジ)

専門ジャンル: 日本料理・懐石・割烹

料理を通じ、“日本の豊かさ”を世界に発信する日本料理人

1970年香川県生まれ。四国調理師専門学校(現KISS調理技術専門学校)を卒業後、香川県内の料亭、ホテルに勤務。14年間の修業を経て2003年に六本木に【龍吟】を開店。2004年、スペインで行われた料理学会では日本代表として自身の技術を発表。それを皮切りに世界的な料理学会で数々の発表を行う。2018年、満を持して「東京ミッドタウン日比谷」へ移転。革新的な技術を巧みに操り、世界に“日本料理の魅力”を発信している。

もっと見る

営業時間・定休日

営業時間

ディナー 17:30~23:00 (L.O.20:00)

定休日

不定休

空席確認・予約する

お店に行った8人が
こんなシーンで利用しています

恋人/夫婦と33%

友人/同僚と33%

子どもと33%

食事会35%

デート20%

記念日/お祝い20%

接待/会食15%

パーティ/イベント5%

飲み会/宴会5%

銀座・有楽町×日本料理・懐石・会席のアクセスランキング

もっと見る

有楽町/日比谷でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

銀座・有楽町で忘年会・新年会におすすめのお店

もっと見る

この情報は2021年1月現在の情報です。掲載情報が異なっている場合はこちらのフォームからご連絡下さい。

ページトップ


Back to Top