ニホンリョウリタハラ

日本料理 たはら

050-5385-1537

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

歓送迎会におすすめ

歓迎会・送別会 旬素材の懐石料理で華やかに

春は送別会や歓迎会の季節です。
旬の素材をつかったお料理でお楽しみください。

演出・サービスに特徴がある

3部屋の茶室を用意。季節の催し事に利用してみてはいかが

お店には3部屋の茶室がございます。夏には七夕茶会、秋には観月会など、四季折々の催し物に利用してみてはいかがでしょう。※茶室のご利用には、各室別途1万円を頂戴致します。あらかじめご了承ください。

旬の食材にこだわっている

目にも舌にも楽しい、食材たちの共演をご満喫あれ

その時期毎の旬の味わいを楽しんで頂きたいと、メニューは季節によって変わります。メニューには毎回テーマがあり、時には童謡のフレーズから着想を得ることも。目にも舌にも楽しい食材たちの共演をご満喫あれ。

個室がある

ゆったりと寛げる、プライベートな個室席でお食事を堪能

足を崩せないお召し物の方や、座が苦手な方に、ゆったりと寛げるテーブル席の個室を用意しています。その他さまざまなシーンに利用できる座敷席もあり、プライベートな空間の中お食事を堪能できます。

春野菜にこだわっている

旬の素材を美味しく

その時に一番美味しい旬の素材にこだわり、他の食材と合わせて楽しんでもらっています。

結納・顔合わせにおすすめ

四季折々の食材を使ったひと皿が、大切な日に彩を添えてくれる

お見合いや結納、お宮参りや節句のお祝いなど、慶事にぴったりの座敷席でお食事はいかがでしょう。四季折々の食材を使ったひと皿が、大切な日のお食事に彩を添えてくれます。

接待・会食におすすめ

「料理・時間・空間」 ひとつ上のもてなしで心を掴む

たはらでは、驚きと感動を抱いていただける真心のこもったお料理を準備しています。お料理の随所に遊び心が隠されていますので、楽しいひと時を過ごしていただければこの上ない喜びです。

贅沢グルメ

季節のこだわり食材に舌鼓

天然フグやアンコウ、松茸やハモなど、季節の食材をお楽しみください。

料理・お店の雰囲気

夏の食材をつかい池のお庭をイメージ

独創的な感性が織りなす、池のお庭をイメージした盛りつけ

天然鮎の塩焼き

天然の鮎を丁寧に焼き上げ、独創的に盛付け

日本料理 たはらの店舗情報

基本情報

店名 日本料理 たはら
TEL

050-5385-1537

0942-33-7008

営業時間・定休日が記載と異なる場合がございますので、ご予約・ご来店時は事前にご確認をお願いします。

最寄駅 天神大牟田線 西鉄久留米駅 徒歩16分
JR鹿児島本線 久留米駅 徒歩15分
アクセス 天神大牟田線「西鉄久留米駅」より徒歩16分
住所 福岡県久留米市櫛原町128-4 地図を見る
営業時間
【月・火・木~日・祝・祝前】
17:30~22:00 (L.O.21:00) ご来店の際はご一報をお願い致します。
定休日 水曜日

お支払い情報

平均予算
【ディナー】
13000円
【ランチ】
7000円
クレジット
カード
UFJ, VISA, JCB, ダイナース, DC, UC, AMEX, NICOS, MASTER, セゾン

設備情報

駐車場 あり

詳細情報

禁煙・喫煙 分煙

受動喫煙対策に関する法律が施行されておりますので、正しい情報はお店にお問い合わせください。

ホームページ http://www.tahara.bz

私がつくっています

田原 達雄 氏

料理人
田原 達雄 氏(タハラ タツオ)

専門ジャンル: 日本料理・懐石・割烹

福岡の地から「お客さまの心に残る料理」を発信し続ける

1952年、福岡県生まれ。高校生の頃、禅宗のお寺へ修行に訪れた田原氏。2週間の断食の後、最初に食べた食事の美味しさに「食」の大切さを痛感。料理の道へ進むことを決意する。赤坂や渋谷、四谷や築地等東京の名店で活躍した後、地元福岡へ。1981年10月、【日本料理 たはら】を開店した。以来30年以上、福岡の地で「お客さまの心に残る料理」を提供し続けている。

もっと見る

営業時間・定休日

営業時間

【月・火・木~日・祝・祝前】
17:30~22:00 (L.O.21:00)ご来店の際はご一報をお願い致します。

定休日

水曜日

日本料理 たはらに行った1人の投稿から算出しています。

あなたにオススメのお店

久留米でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

久留米で人気のレストラン アクセスランキング

もっと見る

この情報は2024年3月14日現在の情報です。掲載情報が異なっている場合はこちらのフォームからご連絡下さい。

ページトップ

Back to Top