ナベノイズム

Nabeno-Ism

03-5246-4056

※お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

テラス席がある

墨堤にせり出すテラス席で東京版川床気分

天気のいい日にはテラス席も素敵です。目の前を隅田川が流れていて、川面を行く水上バスや屋形船、スカイツリーと、浅草駒形ならではの風景が広がっています。夜景も美しく、春の桜、夏の花火大会も楽しめます。

食材にこだわっている

駒形というロケーションならではの食材を使用

【大心堂】の雷おこしや【種亀】のモナカの皮、【江戸蕎麦ほそ川】のそば粉といった、東京の伝統と浅草駒形らしさを感じさせる食材も積極的に使用しています。

食器・内装にこだわっている

エントランスを入って最初に目に入るのは厨房

厨房はガラス張り。お店にいらした時、お帰りになられる際に調理場を見ていただけるつくりです。なかでも一番目立つ場所にはフランス料理の特徴でもあり、フレンチのシェフ最強の相棒でもある銅鍋を掛けています。

オシャレな雰囲気

3階には窓に面したカウンター席を用意

店のテーマカラーは、人を元気にさせるオレンジ。インテリアはエレガントでありながら、どこかモダンな印象です。3階には、天候を気にすることなく、河畔の景色が楽しめるカウンター席をご用意しています。

スイーツにこだわっている

季節を感じるデセールと、駒形らしい小菓子を

デセールや小菓子にも【浅草壽々喜園】の抹茶や小桜のかりんとうなど、地元の老舗の食材を使用しています。また、コーヒー豆は日本堤のバッハコーヒーが焙煎しているものです。

このお店からのお知らせ

2018.03.20

有名シェフが教えるお手軽レシピ<シェフズレシピ>に掲載中

思い出のまかない料理のレシピご紹介します。

2018.03.20

トーク番組≪ヒトサラChef's table≫に渡辺シェフが登場

プロとして料理をこよなく愛する人々「dish artist」をゲストに、食のネクスト・トレンドを語るトーク番組≪ヒトサラ Chef's table≫に登場。過去の放送が視聴いただけます。

2018.03.20

浅草【ナベノ-イズム】~すでに円熟かもしれない江戸フレンチ

ヒトサラ編集長が話題のお店に訪れ、編集後記的に“レストランのある風景”をスケッチしていく連載「ヒトサラ編集長の編集後記」。第11回に掲載中です。

私がつくっています

渡辺 雄一郎 氏

料理人
渡辺 雄一郎 氏(ワタナベ ユウイチロウ)

専門ジャンル: フランス料理

大きな影響を与えた母、辻静雄氏、ジョエル・ロブション氏

1967年、千葉県生まれ。料理上手な母の影響を受け自身も料理好きな青年に育つ。大阪あべの辻調理師専門学校を卒業後、同フランス校に進学。リヨン【ラ・テラス】、東京【ル・マエストロ・ポール・ボキューズ】を経て恵比寿のシャトーレストラン【タイユヴァン・ロブション】へ。以降、21年間ロブション・グループに勤務し2004年からはエグゼクティブ・シェフとして活躍。2016年【レストラン・ナベノイズム】開業。

もっと見る

営業時間・定休日

営業時間

【火~日・祝・祝前】
ランチ 12:00~15:00 (L.O.13:30)
【火~土・祝・祝前】
ディナー 18:00~23:00 (L.O.21:00)
【日】
ディナー 18:00~22:00 (L.O.19:30)

定休日

月曜日 他不定休あり

Nabeno-Ismに行った3人の投稿から算出しています。

あなたにオススメのお店

浅草でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

上野・浅草・日暮里で夏飲みにおすすめのお店

もっと見る

この情報は2021年4月現在の情報です。掲載情報が異なっている場合はこちらのフォームからご連絡下さい。

ページトップ


Back to Top