テアトロディマッサ

teatro di massa (テアトロディマッサ)

050-5263-9303

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

臨場感ある劇場空間。北海道の素材を中心にした、最先端のイタリア郷土料理に舌鼓

お店の写真を募集しています

お店で食事した時の写真をお持ちでしたら、是非投稿してください。
あなたの投稿写真はお店探しの参考になります。

写真追加

劇場型レストラン【teatro di massa】です。「teatro」とはイタリア語で「劇場」という意味。その名の通り、360°見渡せるカウンター内の開放的なオープンキッチンで、でき上がるシェフの料理を眺めながら、ゆったりとした時間を過ごせます。カウンター席で、「Cucina creativa ~ 郷土料理の再構築~」をテーマにしたイタリア郷土料理とワインを思う存分愉しみましょう。

teatro di massa (テアトロディマッサ)
これだけは食べてほしいベスト3

豊富な食材を楽しめるコース『~進化 発展~ evoluzione 』

季節の最良の食材を使用した全8皿で構成されるコース料理。※食材の仕入状況によって内容が変わる場合があります。

メニューを見る

豊富な食材を楽しめるコース『~進化 発展~ evoluzione 』

季節感溢れるコース『~起点~ segni di riferimeto』

全7皿からなるコース料理。季節を感じる食材を使い、イタリアの郷土料理を基本にリストランテのお皿に仕立てられています。※食材の仕入状況によって内容が変わる場合があります。

季節感溢れるコース『~起点~ segni di riferimeto』

~夏~ estate (ランチタイム)

・夏野菜 牛乳
 
・穴子 リゾット バルサミコ
 
・スパゲッティーニ 鯵 プッタネスカ

・サルティンボッカ 焼き茄子

・甘夏 山椒 リコッタチーズ

~夏~ estate    (ランチタイム)

料理人 / 玉崎 静流 氏 (タマザキ シズル)

専門ジャンル: イタリア料理

札幌のイタリアンレストランで研鑽

1996年 北海道生まれ 調理師学校を卒業後札幌の人気イタリアンレストランで修行、その後前任のシェフ新田裕也と出会い<br /><br />
テアトロディマッサにて腕を磨き5年目を迎えた今年満を持してシェフに就任。<br /><br />
今迄培ってきた新田の教えと共に独自の感性も発揮し料理にて表現している。<br /><br />

プロフィールを見る

玉崎 静流 氏

ユーザー投稿写真

teatro di massa (テアトロディマッサ)の店舗情報

基本情報

店名 teatro di massa (テアトロディマッサ)
TEL

050-5263-9303

011-252-7953

営業時間・定休日が記載と異なる場合がございますので、ご予約・ご来店時は事前にご確認をお願いします。

最寄駅 札幌市営地下鉄南北線 すすきの駅 徒歩7分
札幌市営地下鉄東西線 大通駅 徒歩8分
アクセス 「すすきの」駅から徒歩7分。狸小路7丁目を出て、8丁目南側のビルになります。
住所 北海道札幌市中央区南三条西8-7 大洋ビル2F 地図を見る
営業時間
【月・水~日・祝・祝前】
ディナー 17:30~21:00 (L.O.21:00)
【月・木~日・祝】
ランチ 12:00~13:30 (L.O.13:30)
定休日 火曜日
及び第2水曜日
平均予算
【ディナー】
15000円
【ランチ】
4000円
お支払い情報
クレジットカード可
VISA, JCB, ダイナース, AMEX, MASTER
電子マネー不可
QRコード決済不可

設備情報

キャパシティ 24人 ( 宴会・パーティー時 着席:8人 )
席数形態 ※コの字型カウンター16名、テーブル席(個室に変更可能)最大8名
※貸切:店舗スタッフにご相談ください。
駐車場 なし

詳細情報

禁煙・喫煙 完全禁煙

受動喫煙対策に関する法律が施行されておりますので、正しい情報はお店にお問い合わせください。

こだわり
ホームページ http://www.teatrodimassa.com/

teatro di massa (テアトロディマッサ)に行った4人の投稿から算出しています。

このお店のクチコミを見る

このお店のFacebookを見るこのお店のFacebookを見る

あなたにオススメのお店

すすきのでランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

すすきので人気のレストラン アクセスランキング

もっと見る

この情報は2024年5月30日現在の情報です。掲載情報が異なっている場合はこちらのフォームからご連絡下さい。

ページトップ

Back to Top

報告する