スシギョウテン

鮨行天

  • ジャンル 鮨・寿司
  • 平均予算 ディナー:18000円
  • 最寄り駅 薬院駅 徒歩3分
  • 定休日 不定休

092-521-2200

※お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

若き店主が織りなす鮨という芸術。これぞ博多三ツ星の実力

「ミシュランガイド福岡・佐賀2014」にて、2店しか成し得なかった三ツ星獲得。その店のひとつが【鮨行天】です。店主・行天健二氏は、鮨屋の家系に生まれ、常に鮨が生活の一部であったといいます。それでもこの世界に身を置くことには悩み、自分探しの海外生活を経た後、最終的には鮨で生きていくことを決意。その後、日本を代表する名店で修業を積み、そこから独自の鮨を追求していきます。今では美食家をして唯一無二の味と言わしめるその握りは、ゲストとの間合いを計り、ここぞのタイミングで差し出され、口に含んだ瞬間にシャリとネタが渾然一体になると評判。氏が全身全霊で紡ぐ鮨という芸術は、福岡の美食を語る上で外せない一軒です。

鮨行天
これだけは食べてほしいベスト3

一切れの刺身にも切り方、厚みにこだわりを持つ『鯛』

三切れで提供される明石の鯛は、一切れ一切れの包丁の入れ方や厚みを変えて提供。一口目のファーストインプレッションで感じる味、食べ進める内に感じる旨みを考慮し、それぞれに合った最適な仕事を施します。

メニューを見る

一切れの刺身にも切り方、厚みにこだわりを持つ『鯛』

本まぐろ本来の味わいを存分に引き出す『まぐろ』

この日は青森県三厩産の本まぐろを使用。大ぶりの巨体を選ぶのではなく、人間で言うところの食べ盛り・中高生ぐらいのまぐろを厳選しています。口の中ですっととろける脂が絶品です。

本まぐろ本来の味わいを存分に引き出す『まぐろ』

既成概念にとらわれず最適な仕事を施した『サヨリ』

繊細な味わいのサヨリは〆るのではなく、塩と酢に0.5秒ほどくぐらせます。魚をしっとりコーティングするイメージで、繊細な旨みを引き出しています。

既成概念にとらわれず最適な仕事を施した『サヨリ』

料理人 / 行天 健二 氏 (ギョウテン ケンジ)

専門ジャンル:寿司

鮨屋の家計に生まれ、悩みながらも鮨で生きていくことを決心

1982年、山口県生まれ。祖父が鮨職人という家系に育ち、幼少期から鮨が生活の一部として育つ。家業を継ぐか悩み、18歳の時に、ニュージーランドにて自分探しの旅を経験。鮨を生業にする覚悟を固め、21歳で都内の名店にて研鑽を積む。その後、2009年に故郷の山口県下関市で開業し、福岡移転は2012年。「ミシュランガイド福岡・佐賀2014」にて、わずか2店舗しか成し得なかった三ツ星を獲得。

プロフィールを見る

行天 健二 氏

お店の写真を募集しています

お店で食事した時の写真をお持ちでしたら、是非投稿してください。
あなたの投稿写真はお店探しの参考になります。

投稿アイコン

写真追加

鮨行天の店舗情報

基本情報

店名 鮨行天
TEL

092-521-2200

※コロナウイルスの影響により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございますので、ご来店時は事前に店舗にご確認をお願いします。

最寄駅 西鉄天神大牟田線 薬院駅 徒歩3分
福岡市営地下鉄七隈線 薬院駅 徒歩3分
アクセス 西鉄天神大牟田線、福岡市営地下鉄七隈線「薬院駅」より徒歩3分
住所 福岡県福岡市中央区平尾1-2-12 井上ビル1F 地図を見る
営業時間
18:00~23:00
定休日 不定休

お支払い情報

平均予算
【ディナー】
18000円
クレジット
カード
VISA, MASTER

設備情報

キャパシティ 12人
駐車場 なし

詳細情報

禁煙・喫煙 完全禁煙

※2020年4月1日より受動喫煙対策に関する法律が施行されました。正しい情報はお店にお問い合わせください。

こだわり

警固・薬院・平尾のアクセスランキング

もっと見る

警固・薬院・平尾でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

警固・薬院・平尾で歓迎会・送別会におすすめのお店

もっと見る

お店からのおすすめをチェック

ページトップ


Back to Top

報告する