ヴィノヒラタ

ヴィノ ヒラタ

050-5871-3018

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

イタリア産ワインを片手に、旬の食材で彩られるアラカルトメニューに舌鼓

麻布十番駅より徒歩3分、幹線道路西側のビルや飲食店が立ち並ぶ一角にある【ヴィノ ヒラタ】。日々メニューの内容が変わるので、いつでも新しい味、新しい料理に出会えます。料理人が、まずこだわるものは食材。日本の四季を感じられる素材を仕入れることを大切にしています。店内は白を基調としシンプルかつ洗練された装いで、贅沢な空間の広がりを感じられます。また、訪れた人を優しく包み込んでくれる柔らかな間接照明の温かさが素敵。スタッフは皆、スマートな対応と穏やかな笑顔で、何事にも柔軟な対応を欠かしません。ひとりや友人同士でカジュアルに利用するのはもちろんですが、デートのような大切な場面でもぜひ訪れたいお店です。

ヴィノ ヒラタ
これだけは食べてほしいベスト3

『イベリコ豚ラグーソース パッパルデッレ』 ※画像は一例。

イベリコ豚のホホ肉を赤ワインでじっくり煮込んだラグーソースを、太めの麺にたっぷり絡めていただきます。

メニューを見る

『イベリコ豚ラグーソース パッパルデッレ』 ※画像は一例。

『本日のおすすめ』 ※画像は一例。季節により変更いたします。

季節により、その時一番おいしいおすすめの料理をお出しします。食で季節を感じてください。

『本日のおすすめ』 ※画像は一例。季節により変更いたします。

『本日のお魚』 ※画像は一例。季節により変更いたします。

画像のメニューは「アクアパッツァ」。魚介類の旨味を焼いて閉じ込め、白ワインで香り高く仕上げた一品。

『本日のお魚』 ※画像は一例。季節により変更いたします。

料理人 / 仁保 州博 氏 (ニホ クニヒロ)

専門ジャンル:イタリア料理

サービス精神旺盛なイタリアの人々と、その料理や味に感銘

1974年、鳥取県生まれ。学生時代に訪れたイタリアの地で、美味しい料理と陽気な人々に惹かれ、自らもイタリア料理の道へ進むことを決意。調師専門学校卒業後、都内イタリア料理店にて修業。1998年【ヴィノ ヒラタ】に入店し、2009年に同店の料理長に就任。2010年5月、同店オーナーシェフに就任し、現在に至る。

プロフィールを見る

仁保 州博 氏

ユーザー投稿写真

  • ヴィノ ヒラタの写真

    蛤のボンゴレビアンコ

  • ヴィノ ヒラタの写真

    子羊のグリル

お店の写真を募集しています

お店で食事した時の写真をお持ちでしたら、是非投稿してください。
あなたの投稿写真はお店探しの参考になります。

投稿アイコン

写真追加

ヴィノ ヒラタの店舗情報

基本情報

店名 ヴィノ ヒラタ
TEL

050-5871-3018

03-3456-4744

※コロナウイルスの影響により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございますので、ご来店時は事前に店舗にご確認をお願いします。

最寄駅 東京メトロ南北線 麻布十番駅 徒歩5分
都営大江戸線 麻布十番駅 徒歩5分
アクセス 麻布十番駅より徒歩5分。4番出口より、車両進入禁止側の道路を西へ進み左側4番目の角を左折した左手です。
住所 東京都港区麻布十番2-13-10 エンドービル2F 地図を見る
営業時間
【平日・土・祝】
18:00~02:00 (L.O.01:00)
定休日 日曜日
祝日の月曜日

お支払い情報

平均予算
【ディナー】
10000円
クレジット
カード
VISA, JCB, ダイナース, DC, AMEX, MASTER

設備情報

キャパシティ 25人 ( 宴会・パーティー時 立席:50人 着席:25人 )
席数形態 テーブル8卓/カウンター8席
駐車場 なし

詳細情報

禁煙・喫煙 完全禁煙

※2020年4月1日より受動喫煙対策に関する法律が施行されました。正しい情報はお店にお問い合わせください。

こだわり

よくある質問

  • Q.予約はできますか?

    A.電話予約は 050-5871-3018 から承っています。

  • Q.場所はどこですか?

    A.東京都港区麻布十番2-13-10 エンドービル2F 麻布十番駅より徒歩5分。4番出口より、車両進入禁止側の道路を西へ進み左側4番目の角を左折した左手です。 ここから地図が確認できます。

麻布十番×イタリアンのアクセスランキング

もっと見る

麻布十番でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

麻布十番で忘年会・新年会におすすめのお店

もっと見る

この情報は2020年5月現在の情報です。掲載情報が異なっている場合はこちらのフォームからご連絡下さい。

ページトップ


Back to Top

報告する