ウナギクシヤキシンテン

うなぎ 串焼 心天

050-5870-4128

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

「うなぎの内臓」の串焼きは絶品!気軽にリーズナブルな価格で味わえる「鰻料理店」

国産鰻と炭焼にこだわる店【心天】 鰻屋と聞くと敷居が高いイメージですが、ここは気軽に居酒屋感覚で新鮮なうなぎが楽しめます。炭火で焼く鰻の内臓の串焼きは、なかなか食べることが出来ない珍品。毎朝仕入れたうなぎを捌き、細かく分け部位ごとに串に刺す丁寧な作業から始まります。鰻の小さな内臓の中に入ったレバーを綺麗に丁寧に取り出し、串にするなどの細かい作業は、鰻に精通した人でもできる人は多くありません。その鰻を備長炭で丁寧焼き上げるので、温かいうちに味わうのがおすすめ。他にも鰻の一品料理も多数揃っています。種類豊富な日本酒や焼酎の銘酒とともに、スタミナ抜群の鰻料理で、明日へのパワーを蓄えてください。

うなぎ 串焼 心天
これだけは食べてほしいベスト3

鰻のおいしさが楽しめる 『塩焼き』

シンプルだからこその美味しさを秘めた逸品。お好みでわさびを効かせてお楽しみ下さい。お酒とも好相性。

メニューを見る

鰻のおいしさが楽しめる 『塩焼き』

オリジナルのダシも絶品 『ひつまぶし』

出汁も美味しいので、あっという間に食べてしまいます。飲んだ後にもおすすめです。

オリジナルのダシも絶品 『ひつまぶし』

料理人 / 林 成 氏 (リン セイ)

専門ジャンル:和食全般

東京でのアルバイトがきっかけで、この道に

21歳の時、中国から沖縄へ留学、その後東京へ。新橋の【うな新】にて5年の修業を経て、5年前に同店をオープン。

プロフィールを見る

林 成 氏

写真

  • 赤い提燈が目印。いつでもお気軽に

    赤い提燈が目印。いつでもお気軽に

  • 最大20名様まで対応の店内は、貸切も可能

    最大20名様まで対応の店内は、貸切も可能

  • 壁の木に手書かれたメニュー表

    壁の木に手書かれたメニュー表

  • 仕事仲間や友人とゆっくりくつろげるテーブル席

    仕事仲間や友人とゆっくりくつろげるテーブル席

  • オリジナルのダシも絶品 『ひつまぶし』

    オリジナルのダシも絶品 『ひつまぶし』

  • スタミナ抜群 『鰻の串焼き』

    スタミナ抜群 『鰻の串焼き』

  •  

     

お店の写真を募集しています

お店で食事した時の写真をお持ちでしたら、是非投稿してください。
あなたの投稿写真はお店探しの参考になります。

投稿アイコン

写真追加

うなぎ 串焼 心天の店舗情報

基本情報

店名 うなぎ 串焼 心天
TEL

050-5870-4128

03-3249-9400

営業時間・定休日が記載と異なる場合がございますので、ご予約・ご来店時は事前にご確認をお願いします。

最寄駅 東京メトロ日比谷線 人形町駅 徒歩3分
東京メトロ半蔵門線 水天宮前駅 徒歩3分
アクセス 日比谷線・人形町駅A2出口より徒歩3分。 半蔵門線・水天宮前駅8番出口より徒歩3分。
住所 東京都中央区日本橋蛎殻町1-14-7 地図を見る
営業時間
【平日・土・日・祝】
11:00~14:00 4月25日よりランチ始めました、お持ち帰りもできます
16:00~23:00 (L.O.22:15)
定休日 無休

お支払い情報

平均予算
【通常】
3500円

設備情報

キャパシティ 20人 ( 宴会・パーティー時 着席:20人 )
席数形態 2名様用テーブル×1、4名様用テーブル×2、カウンター×10<br />貸切は15名様~承っております。
駐車場 なし

詳細情報

こだわり
備考 ※〈食事のみ&うなちゃんセットのみ〉のご利用はご遠慮いただいております。
ご連絡頂ければ15時から入店可能です。
7月8月は混雑の為、時間制限を設けさせて頂いてます。
ご理解の程どうぞ宜しくお願いいたします。

よくある質問

  • Q.予約はできますか?

    A.電話予約は 050-5870-4128 から承っています。

  • Q.場所はどこですか?

    A.東京都中央区日本橋蛎殻町1-14-7 日比谷線・人形町駅A2出口より徒歩3分。 半蔵門線・水天宮前駅8番出口より徒歩3分。 ここから地図が確認できます。

このお店のクチコミを見る

人形町/小伝馬町×居酒屋のアクセスランキング

もっと見る

人形町/小伝馬町でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

人形町・門前仲町・葛西で歓送迎会におすすめのお店

もっと見る

この情報は2021年4月現在の情報です。掲載情報が異なっている場合はこちらのフォームからご連絡下さい。

ページトップ


Back to Top

報告する