ギヲンフクジュ

祇をん 福寿

  • 貯まる・使える

050-5870-0788

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

空席確認・予約する

安藤 直樹 氏 アンドウ ナオキ

アルバイトでの経験をきっかけに、「日本料理」に目覚めた料理人

1970年、神奈川県出身。高校を卒業後、コンピューター情報処理の専門学校に進学。在学中にバイトしていた和食店で料理に目覚める。「日本料理の世界」に進むことを決意し、京都府の料理店で本格的な修行をスタート。岐阜県に移り、懐石料理店の【四季のごちそう みつ岩】で腕を磨き、2005年に名古屋で前身となる店をオープン。「京都に店を出したい」という思いが強くなり、2018年に京都府に移住し【祇をん 福寿】を開店。

専門ジャンル
日本料理・懐石・割烹
経験年数
33年

自慢の一品

“食感のコントラスト”を楽しめる人気の一品『焼胡麻豆腐』

胡麻豆腐を独自の焼き方で調理し、外はパリパリ、中はとろけるような食感に仕上げたリピート率の高い人気の一品。マグロとカツオでとった出汁をかけて食します。上に乗ったウニが味わいのアクセントに。

こだわりの食材

野菜の持つ味わいを生かすため、新鮮なものを全国から仕入れる

京野菜をメインに新鮮な野菜を全国各地から仕入れています。その時の“旬を迎えるもの”を取り入れ、旬ならではの味覚を楽しめるように調理。食材そのものの味を生かすため、味つけはシンプルです。

こだわり食材
トマト

おもてなしの流儀

一期一会の料理でもてなす“粋な計らい”が人気の所以

「お客さまが召し上がったものをメモしていて、次回来られた際に同じものを出来るだけ出さないようにしています」と語る安藤氏。訪れるたびに異なる味わいに出合える“粋な計らい”に職人魂を感じます。

京都ならではの地場産や伝統的な野菜と厳選した新鮮食材

京野菜の「万願寺とうがらし」や京の伝統野菜「賀茂なす」など、地産の食材を味わえます。そのほか「じゅんさい」にこだわり、秋田、広島、岡山などから新鮮なものを仕入れるなど食材を厳選しています。

営業時間・定休日

営業時間

ランチ 11:30~13:30
ディナー 18:00~21:00

定休日

不定休

空席確認・予約する

あなたにオススメのお店

祇園でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

この情報は2021年11月現在の情報です。掲載情報が異なっている場合はこちらのフォームからご連絡下さい。

ページトップ


Back to Top