ノヤシチ

の弥七

  • ジャンル 中華全般
  • 平均予算 ディナー:14000円 ランチ:1500円
  • 最寄り駅 四谷三丁目駅 徒歩5分
  • 定休日 日曜日

03-3226-7055

※お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

和のエッセンスで彩られた中華料理。異なる魅力を湛える日中食文化の未知なる融合

「日本人がつくって、日本の方に提供」をコンセプトとする中華料理店【の弥七】。火と油で重層的に旨みを加える“足し算”の中華料理と、素材そのものの持ち味を活かす“引き算”の和食。まったく方向性の異なる両者の融合を、さまざまな工夫や技術で実現しています。たとえば味のベースとなるスープは、動物性の中華出汁に昆布や鰹を加えたもの。力強い旨みを残しつつ、食材の魅力も引き出す絶妙な配合は、無数の試作を繰り返してたどり着いた自信作です。毎日築地に赴いて厳選する鮮魚や野菜など、素材選びにももちろん妥協なし。ともに素晴らしい食文化を持つ日本と中国。両者の良いとこ取りで仕上げる、次世代の中華料理なのです。

の弥七
これだけは食べてほしいベスト3

黄金に輝く『〆鯖の杭州風燻製』は、サワークリームを添えてさっぱりと

皮を黄金色に仕上げるのが中国式燻製の特徴。サワークリームを添えることで、甘しょっぱい身をさっぱりと味わえます。

メニューを見る

黄金に輝く『〆鯖の杭州風燻製』は、サワークリームを添えてさっぱりと

伝統料理に和のエッセンスを加えた名物『の弥七 風仏佛湯』

乾物や旬の食材が入る中国の伝統料理を、小鉢で椀仕立てにアレンジ。フカヒレ、すっぽん、松茸、銀杏、貝柱などが入る。季節により具材は異なります。

伝統料理に和のエッセンスを加えた名物『の弥七 風仏佛湯』

すべてのコースで登場する旬菜を盛り合わせた『三段前菜』は店の名刺代わり

塗りの器に美しく盛り込まれた数々の前菜。この日は自家製焼きゴマ豆腐、自家製腸詰、才巻海老の生揚げ、黄金ピータン甘酢がけなど。

すべてのコースで登場する旬菜を盛り合わせた『三段前菜』は店の名刺代わり

料理人 / 山本 眞也 氏 (ヤマモト シンヤ)

専門ジャンル:中華全般

和食と中華の文化に囲まれて育った環境が、現在のスタイルの礎

1979年、高知県生まれ。皿鉢料理に代表される伝統和食文化が色濃い高知県で生まれ育ち、かつ実家が中華料理店を営んでいたことが「和食と中華の融合」を掲げる現在の礎。経営系の大学に進学するが3年までに卒業単位をすべて取得し、4年生の頃から本格的に料理人としてのキャリアをスタート。26歳で単身上海に渡りさらなる技術向上につとめ、帰国後は三田の名店【桃の木】へ。6年の修業の末、2014年【の弥七】を開店。

プロフィールを見る

山本 眞也 氏

の弥七の店舗情報

基本情報

店名 の弥七
TEL

03-3226-7055

※お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

最寄駅 東京メトロ丸ノ内線 四谷三丁目駅 徒歩5分
アクセス 東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目駅」4番口から徒歩5分
住所 東京都新宿区荒木町8 木村ビル1F 大きな地図を見る
営業時間
【平日・土・祝・祝前】
ランチ 11:30~ (L.O.13:30)
【平日・土・祝・祝前】
ディナー 17:30~ (L.O.21:00)
定休日 日曜日
祝日の月曜日

お支払い情報

平均予算
【ディナー】
14000円
【ランチ】
1500円
クレジット
カード
UFJ, VISA, JCB, ダイナース, DC, UC

設備情報

キャパシティ 13人 ( 宴会・パーティー時 着席:13人 )
駐車場 なし

詳細情報

禁煙・喫煙 完全禁煙
こだわり
備考 お昼のみお子様連れ可

神楽坂・飯田橋~四谷・水道橋×中華全般のアクセスランキング

もっと見る

神楽坂・飯田橋~四谷・水道橋でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

神楽坂・飯田橋~四谷・水道橋で女子会におすすめのお店

もっと見る

お店からのおすすめをチェック

ページトップ

Back to Top