ノヤシチ

の弥七

  • ジャンル 中華全般
  • 平均予算 ディナー:14000円 ランチ:1500円
  • 最寄り駅 四谷三丁目駅 徒歩5分
  • 定休日 日曜日

03-3226-7055

※お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

山本 眞也 氏 ヤマモト シンヤ

和食と中華の文化に囲まれて育った環境が、現在のスタイルの礎

1979年、高知県生まれ。皿鉢料理に代表される伝統和食文化が色濃い高知県で生まれ育ち、かつ実家が中華料理店を営んでいたことが「和食と中華の融合」を掲げる現在の礎。経営系の大学に進学するが3年までに卒業単位をすべて取得し、4年生の頃から本格的に料理人としてのキャリアをスタート。26歳で単身上海に渡りさらなる技術向上につとめ、帰国後は三田の名店【桃の木】へ。6年の修業の末、2014年【の弥七】を開店。

専門ジャンル
中華全般
経験年数
18年

自慢の一品

中国の伝統料理、佛跳湯に和の食材やエッセンスを加える

『の弥七風仏佛湯』は「仏道の方が飛び上がるほど旨い」といわれる中国の伝統料理を、アレンジした一品。すっぽんと乾物のスープにフカヒレや貝柱、さらに松茸、銀杏などの季節素材を加えて椀仕立てに。

こだわりの食材

熟成を経て多彩な料理に仕立てられる高級魚「スジアラ」

五島列島から直送されるハタ系の高級魚「スジアラ」は、抱えるほどのサイズ。強い五島の潮に揉まれた身は引き締まり、旨みもたっぷり。10日ほど熟成をかけた後、蒸し、揚げ、しゃぶしゃぶなどに調理します。

こだわり食材
鮮魚全般

おもてなしの流儀

適度な距離感を保った心地よいサービスが信条

割烹のようにカウンターで向き合うでもなく、洋食のようにソムリエがいるわけでもない中華料理では、サービスは大きな課題。客席全体に目を配り、自然体でくつろいで頂けるように心がけています。

この料理人をチェックした人は、こちらの料理人もチェックしています

塩脇 進 氏
  • 礼華 青鸞居
  • 専門ジャンル:中華全般
  • 中国料理の伝統を重んじながらも、モダンなヌーべルシノワを開拓
  • [ 青山/信濃町 ]
新山 重治 氏
黎 世雄 氏

営業時間・定休日

営業時間

【平日・土・祝・祝前】
ランチ 11:30~ (L.O.13:30)
【平日・土・祝・祝前】
ディナー 17:30~ (L.O.21:00)

定休日

日曜日 祝日の月曜日

神楽坂・飯田橋~四谷・水道橋×中華全般のアクセスランキング

もっと見る

神楽坂・飯田橋~四谷・水道橋でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

神楽坂・飯田橋~四谷・水道橋で忘年会・新年会におすすめのお店

もっと見る

お店のメニューをチェック

ページトップ

Back to Top