スシドコロウミ

すし処 海味

03-3401-3368

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

空席確認・予約する

匠の技が生み出す、頂点を極めた江戸前鮨を堪能

料理・空間・設え・おもてなし。すべてに店主・平氏のこだわりを感じる【すし処 海味】。和の情緒を感じる暖簾をくぐり中に入ると、上質なくつろぎ空間が広がります。白木のカウンターに置かれた瞬間、思わず笑みがこぼれる「鮨」。大将自らが選び抜いた米と酢、ネタが見事に調和した江戸前鮨の真骨頂に出合えます。鮨と共に味わいたいのが、季節を表現した一品料理。ハウス栽培でない旬の野菜を取り入れ、ふくよかな食べ応えが感じられます。落ち着いた空間で、しっとりとお酒を嗜みながら大人の時間を過ごすもよし。気負うことなく利用ができる雰囲気は、このお店ならでは。一度訪れると何度も足を運びたくなることでしょう。

すし処 海味
これだけは食べてほしいベスト3

四季折々それぞれの季節を感じる魚たち。宝石箱のように輝くネタ箱

その時期一番おいしい産地のものを日本全国から目利きし、季節に合わせたネタが並びます。豊洲市場はもちろん、各産地の漁師から直接仕入れることも多く、最高の旬をいただくことができます。

メニューを見る

四季折々それぞれの季節を感じる魚たち。宝石箱のように輝くネタ箱

米・釜・炊き上げる技術。匠たちの技が結集したシャリが、凛とした立ち姿を演出

有機農法の達人として名高い米農家・石井稔さんが育てる「ひとめぼれ」の冬眠米を使用。高級料亭や一流旅館、全国の名店で使われる日本を代表する土鍋作家・中川一辺陶氏の信楽 雲井窯で炊き上げています。

米・釜・炊き上げる技術。匠たちの技が結集したシャリが、凛とした立ち姿を演出

一年を通して、国産の良質なものを提供。繊細な技術で味を深めた『鮪』

多くの鮨職人からその目利きを信頼されている、豊洲市場でも指折りの老舗仲卸「石司」より仕入れ。宮崎、和歌山那智勝浦、冬は青森や北海道。近海本鮪の回遊に合わせ、一年を通して国産のものだけを扱っています。

一年を通して、国産の良質なものを提供。繊細な技術で味を深めた『鮪』

料理人 / 平 公一 氏 (タイラ コウイチ)

専門ジャンル:寿司

創作のない王道の江戸前鮨を極め、さらなる高みを目指して

1980年10月生まれ、鹿児島県徳之島町出身。手に職をつけたいという漠然とした考えで、大阪の鮨店に修業に入り、鮨の基礎を学ぶ。この時に出会った大将に大いなる刺激を受けたことが、鮨職人の道を志すきっかけに。その後、和食店やホテルなどで経験を積んだ後、2019年8月【すし処 海味】に入店。創作のない王道の江戸前鮨を極めたいと一新。その卓越した技を活かした料理は、食通の舌をも唸らせている。

プロフィールを見る

平 公一 氏

お店の写真を募集しています

お店で食事した時の写真をお持ちでしたら、是非投稿してください。
あなたの投稿写真はお店探しの参考になります。

投稿アイコン

写真追加

すし処 海味の店舗情報

基本情報

店名 すし処 海味
TEL

03-3401-3368

※コロナウイルスの影響により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございますので、ご来店時は事前に店舗にご確認をお願いします。

空席確認・予約する

最寄駅 東京メトロ銀座線 外苑前駅 徒歩5分
アクセス 東京メトロ銀座線「外苑前」駅1A出口より徒歩5分。南青山三丁目交差点を左折し、右手側にあります。
住所 東京都港区南青山3-2-8 三南ビル 地図を見る
営業時間
【平日・土】
17:30~23:30
定休日 日・祝日
※不定期でお休みをいただく場合がございます。

空席確認・予約する

お支払い情報

平均予算
【ディナー】
35000円
※その時々の季節の食材によりお値段上下致します。
クレジット
カード
VISA, JCB, ダイナース, DC, UC, AMEX, NICOS, MASTER

設備情報

キャパシティ 10人
席数形態 カウンター10席
駐車場 なし

詳細情報

禁煙・喫煙 完全禁煙

※2020年4月1日より受動喫煙対策に関する法律が施行されました。正しい情報はお店にお問い合わせください。

こだわり
ホームページ http://sushi-umi.co.jp

お店に行った11人が
こんなシーンで利用しています

デート15%

接待/会食23%

食事会42%

記念日/お祝い19%

表参道・原宿・青山×鮨・寿司のアクセスランキング

もっと見る

表参道・原宿・青山でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

表参道・原宿・青山で歓迎会・送別会におすすめのお店

もっと見る

お店からのおすすめをチェック

ページトップ


Back to Top

報告する