050-5870-0591

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

湯木 尚二 氏 ユキ ショウジ

日本料理の名料亭【吉兆】の創業者、湯木貞一の伝統を受け継ぐ

1969年、大阪府生まれ。老舗日本料理店【吉兆】の創業者、湯木貞一を祖父に持つ店主。様々な苦難を糧に初心に帰り、身一つで2010年10月【南地ゆきや。】を開業し再起に向け邁進。吉兆時代から懇意の仲間や常連客に支えられながら“和食の神髄”を追求。教訓をもとに料理の腕も精神も磨き続け、2011年3月、大阪・北新地に【日本料理 湯木本店】を開業。伝統を守りながらも新しいことに挑戦し続け、【日本料理 湯木新店】を開業。

専門ジャンル
日本料理・懐石・割烹
経験年数
31年

自慢の一品

季節のわずかな変化も取り入れた“旬”を味わう『椀物』

『柚子香る、鱧と冬瓜のお椀』など、“旬”を表現した『椀物』は、日本料理ならではの繊細な四季の移ろいを感じられる一品。熱々のお出汁でいただく、名料亭【吉兆】の伝統を受け継ぐ洗練された上品な味わいです。

こだわりの食材

その日仕入れた鮮魚の状態を見極め細やかな包丁を入れる「鮮魚」

春夏秋冬の滋味をいただく鮮魚。蓮の葉を器に見立て、鱧など季節の魚介を『お造里』で提供してくれます。器から季節を感じさせ、素材でも旬を味わう、日本料理らしい“おもてなしの心”とともに堪能できます。

こだわり食材
鮮魚全般

おもてなしの流儀

祖父から受け継ぐ伝統を大切に、季節感、出汁、器にもこだわる

「松花堂弁当」の生みの親としても有名な祖父・湯木貞一の伝統を受け継ぐ店主。食材・出汁・器にこだわり、高級感あふれる洗練された空間を設え、日本らしい懐石料理で“最上級のおもてなし”を追求し続けています。

寛ぎの時間が流れる個室で、季節の変化を感じられる接待を

高級感ある洗練された空間で“和食の神髄”を堪能できる日本料理店。昼の席では、店主の祖父であり【吉兆】創業者の湯木貞一氏が考案した『松花堂弁当』、夜の席は階級に合わせた『コース』で上質な会食が叶います。

営業時間・定休日

営業時間

【平日・土・祝前】
昼 11:30~14:30 (L.O.13:30)
【平日・土・祝前】
夜 17:30~22:00 (L.O.21:00)

定休日

日・祝日

あなたにオススメのお店

北新地でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

この情報は2021年4月現在の情報です。掲載情報が異なっている場合はこちらのフォームからご連絡下さい。

ページトップ


Back to Top