スミビヤキニクハンハン

炭火焼肉 絆繁

050-5263-6836

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

佐賀で育まれる旬の野菜や贅沢な鹿児島牛を堪能。木の温もりあふれる焼肉店

A4ランク以上の鹿児島県産黒毛和牛を買い付し、美しい霜降りや赤身、そして12種類の希少部位を味わうことができる【炭火焼肉 絆繁】。お肉の旨みを凝縮するため、選ばれたのは備長炭を使った炭火焼。じっくりと火入れすることで柔らかさをそのままに絶妙な美味しさを楽しむ事ができます。長年培ってきた経験を生かし、オーナー自らその日の一番状態が良いものを見極め厳選。久留米の人たちに美味しく鮮度の良いお肉を提供したいという思いから、オーダーごとにカットにこだわっています。店内は一枚板を使ったテーブルや、カウンター、格子など木を基調とした落ち着いた空間。個室も完備されており、幅広いシーンで利用したい一軒です。

炭火焼肉 絆繁
これだけは食べてほしいベスト3

バランス・ボリューム共に充実、グループや家族連れに人気『絆繁盛り』

2~3名分の分量があり、肉の種類や野菜などバランスにも配慮されています。人気のメニューだけを集めたおすすめの盛合せ。

メニューを見る

バランス・ボリューム共に充実、グループや家族連れに人気『絆繁盛り』

口の中でとけてゆく、極上の味を堪能『炙りすし』

一人一貫限定でオーダーできる至極の一皿です。サシの美しい部位のみを厳選し炙り焼き。何よりも先に味わいたい逸品です。(一貫)

口の中でとけてゆく、極上の味を堪能『炙りすし』

希少部位の旨みや柔らかさを贅沢に味わう『特選焼きすき』

特製割り下タレを付けた「ざぶとん」や「みすじ」などのお肉を炙り焼き。すき焼きのように溶き卵にくぐらせて、濃厚な美味しさが奏でるハーモニーを楽しめます。

希少部位の旨みや柔らかさを贅沢に味わう『特選焼きすき』

料理人 / 長谷川 勝也 氏 (ハセガワ カツヤ)

専門ジャンル:焼肉

 

1985年、佐賀県出身。デスクワークではなく自分の腕で勝負ができる料理の世界に魅力を感じ飲食業界へ。佐賀県にある老舗焼肉店【明月館】で、キャリアをスタート。その後、更に肉の良し悪しを見抜ける目と経験に磨きをかけるため福岡に移動。【利花苑】に入社し、品評会で受賞するレベルの高い肉に囲まれ研鑽。食が育つ現場にもこだわり、自社牧場も完備している【泰元】での経験を積み、2016年【炭火焼肉 絆繁】をオープン。

プロフィールを見る

長谷川 勝也 氏

お店の写真を募集しています

お店で食事した時の写真をお持ちでしたら、是非投稿してください。
あなたの投稿写真はお店探しの参考になります。

投稿アイコン

写真追加

炭火焼肉 絆繁の店舗情報

基本情報

店名 炭火焼肉 絆繁
TEL

050-5263-6836

0942-46-4129

※コロナウイルスの影響により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございますので、ご来店時は事前に店舗にご確認をお願いします。

最寄駅 西鉄天神大牟田線 西鉄久留米駅 徒歩3分
アクセス 西鉄天神大牟田線「西鉄久留米駅」から徒歩3分です。
住所 福岡県久留米市東町38-37 岩崎ビル2F 地図を見る
営業時間
ランチ 11:00~14:00
ディナー 17:00~23:00 (L.O.22:30)
定休日 火曜日
火曜日が祝日の際は翌日を休みとさせていただきます。
衛生対策と予防の取り組み 店舗入り口に消毒液を設置しております。

お支払い情報

平均予算
【ディナー】
4500円
【ランチ】
1000円
クレジット
カード
VISA, JCB, ダイナース, AMEX, MASTER

設備情報

キャパシティ 40人
駐車場 なし

詳細情報

テイクアウト・
デリバリー
【テイクアウトあり】
受付方法: 電話, 来店

15時~19時まで

禁煙・喫煙 完全禁煙

※2020年4月1日より受動喫煙対策に関する法律が施行されました。正しい情報はお店にお問い合わせください。

こだわり

よくある質問

  • Q.予約はできますか?

    A.電話予約は 050-5263-6836 から承っています。

  • Q.場所はどこですか?

    A.福岡県久留米市東町38-37 岩崎ビル2F 西鉄天神大牟田線「西鉄久留米駅」から徒歩3分です。 ここから地図が確認できます。

  • Q.衛生対策についてお店の取り組みを教えて下さい。

    A.店舗入り口に消毒液を設置しております。

久留米・朝倉のアクセスランキング

もっと見る

久留米・朝倉でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

久留米・朝倉で夏の飲み会におすすめのお店

もっと見る

ページトップ


Back to Top

報告する