ア ラ ブテイユ

a La Bouteille

050-5263-6940

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

大人のための洒落た隠れ家空間。気取らずに楽しめるフレンチビストロ料理

新宿西口ビックカメラ裏にある隠れ家的なフレンチレストラン【a La Bouteille】ワインバーとビストロの中間のような店内は、非日常を感じさせる和やかな雰囲気となっており、気軽にワインとフランス料理を味わうことができます。スパイスとオレンジリキュールが絶妙にマッチしたソースでいただく『仏産マグレ鴨胸肉のロースト』や、マデラワインソースの甘みが肉の旨みを際立たせる『ブラックアンガス牛肩ロースのロースト』など、カジュアルながら本格的なフレンチ揃い。ソムリエによる厳選ワイン150種類程度が常備されているのも魅力です。デートや気の置けない友人との会食などにいかがでしょうか。満ち足りた時間を過ごせること請け合いです

a La Bouteille
これだけは食べてほしいベスト3

マデラワインソースの甘みが調和した『ブラックアンガス牛 肩ロースのロースト』

アメリカのアイオア州で小規模生産されている「アンガス牛」を使用。日本と同じ飼育方法で、和牛のような味わいとなっています。牛の脂の甘みと赤身部分の肉々しさがたまらない、週末のスペシャルテです。

メニューを見る

マデラワインソースの甘みが調和した『ブラックアンガス牛 肩ロースのロースト』

パリッとした皮目に魅了される『仏産 マグレ鴨胸肉のロースト オレンジソース』

フレンチの王道。低温でローストされるので、しっとりした焼き上がりです。フランス産の鴨胸肉を、オリジナルソースで絡めた味わいは、口の中に深く広がります。

パリッとした皮目に魅了される『仏産 マグレ鴨胸肉のロースト オレンジソース』

塊で仕入れ、スライスして供される『2種の生ハム盛り合わせ』

国産生ハムの父・尾島博氏の希少な生ハムと、スペイン産ハモンセラーノの盛り合わせです。日本の風土を感じさせる希少な生ハムと、スペインの生ハムの違いを是非味わってみてください。

塊で仕入れ、スライスして供される『2種の生ハム盛り合わせ』

料理人 / 稲葉 和之 氏 (イナバ カズユキ)

専門ジャンル:フランス料理

料理人対決番組を見て、その格好よさに憧れを抱き料理の道へ

1984年、茨城県生まれ。元々母の料理を手伝うのが好きだった。子供の頃、料理人対決番組を見て、料理人の格好よさに憧れを抱く。「エコール辻東京」で1年、「大阪あべの辻調理師専門学校」で1年、基本からしっかりと料理を学ぶ。卒業後は、池袋・要町の【オテルドゥキタオカ】で10年勤務し、スーシェフを3年経験。2015年11月から【UnVerre】のシェフに就任し、本格的なフランス料理を提供している。

プロフィールを見る

稲葉 和之 氏

a La Bouteilleの店舗情報

基本情報

店名 a La Bouteille
TEL

050-5263-6940

03-3344-4774

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

最寄駅 JR各線 四ツ谷駅 徒歩1分
東京メトロ丸ノ内線 四ツ谷駅 徒歩1分
アクセス 「四谷駅」より徒歩1分
住所 東京都新宿区四谷1-8-14 四谷一丁目ビルB1 大きな地図を見る
営業時間
【平日・土・祝・祝前】
17:00~23:30 (L.O.メイン(フード)22:00 、デザート(フード)22:30、ドリンク23:00)
定休日 日曜日
年末年始

お支払い情報

平均予算
【ディナー】
5000円
クレジット
カード
UFJ, VISA, JCB, DC, UC, AMEX, NICOS, MASTER

設備情報

キャパシティ 32人 ( 宴会・パーティー時 着席:30人 )
席数形態 カウンター席 6席
壁付きテーブル席 2名×2卓
テーブル 4人掛け×2卓、6人掛け×2卓
駐車場 なし

詳細情報

禁煙・喫煙 完全禁煙

※外には灰皿を設置しています。

こだわり
ホームページ http://unverre.blog.so-net.ne.jp/

このお店のクチコミを見る

このお店のFacebookを見る

神楽坂・飯田橋~四谷・水道橋×フレンチのアクセスランキング

もっと見る

神楽坂・飯田橋~四谷・水道橋でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

神楽坂・飯田橋~四谷・水道橋で女子会におすすめのお店

もっと見る

お店からのおすすめをチェック

ページトップ

Back to Top