ジザカナリョウリスギ

地魚料理 杉

050-5870-0031

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

杉山 雅三 氏 スギヤマ マサミツ

漁師の家に育ち、いただいた命を余すことなく使いつくす

1958年、愛知県生まれ。漁師の家に育ち、中学時代から弁当を自分でつくっていたほど料理好きだったことが、この道に進むきっかけに。愛知県の洋食、和食店で修業を重ね、【魚料理 杉】を開業。一匹の魚を余すことなく使いつくす調理法にこだわりがある。

専門ジャンル
和食全般
経験年数
45年

自慢の一品

しゃぶしゃぶや煮付け、天ぷらなど9品以上付いた『鱧コース』

伊勢の内海で育ったハモは、外海のものよりも皮や骨が柔らかく、脂がのっておいしいです。『鱧コース』は、しゃぶしゃぶや煮付け、天ぷらなど、9品以上付いて3150円~とリーズナブル。ぜひ味わってみてください。

こだわりの食材

自分がとった魚を、召し上がってもらえます

三河湾と伊勢湾の幸を味わえるのは、知多ならでは。各港から旬の魚介が届きます。多ければ週に3~4回、自分で定置網漁をするので、揚がったばかりの魚も召し上がってもらえます。生簀もあるので鮮度抜群です。

おもてなしの流儀

魚の命をいただき、あらゆる部位を使いつくすのが信条です

祖父の代からの漁師の家に生まれ、魚の命をいただいているので、ありとあらゆる部位を無駄なく使いつくすのが信条です。仕込みから1人で切り盛りしているので、お待ちいただくようなこともあるかもしれません。

脳みそのマヨネーズ焼きが斬新な『アオリイカづくし』

大井、片名港のアオリイカを、捨てるところのないほど利用。エンガワはイカそうめんに、クチバシやゲソは唐揚げに。脳みそのマヨネーズ焼きは、アレンジした創作メニュー。8品が付いて1620円とリーズナブルです。

プロが教える食の知恵袋 おいしいヒント

杉山 雅三 氏

魚の見極め方は、赤いエラに注目するのがポイントです

鮮魚の見極め方は、一般的には目の輝きとされていますが、エラに注目するのもポイントです。赤いものが新鮮なもの。しばらくすると白くなってしまいます。また、指で触ってみて、弾力の残っているものが買いです。

営業時間・定休日

営業時間

11:30~20:30 (2時頃~5時頃準備中) 土日、祝日は予約のみの場合があります。又、定刻に開店できない場合が御座います。

定休日

火曜日 (月曜日はお昼のみの営業です) 火曜日が祝日の場合は営業いたします。

地魚料理 杉に行った2人の投稿から算出しています。

このお店のクチコミを見る

あなたにオススメのお店

常滑/知多半島でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

この情報は2022年1月現在の情報です。掲載情報が異なっている場合はこちらのフォームからご連絡下さい。

ページトップ


Back to Top