フミヤ

文や

050-5263-5732

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

古谷 文言 氏 フルヤ フミノリ

【酒菜肉匠 ふるや】の「ブンちゃん」が、15年の修業を経て独立

1979年、神奈川県生まれ。戸塚の老舗【酒菜肉匠 ふるや】の次男として育ち、幼い頃から店の手伝いをする。「食は関西」という父の教えで、大阪・あべの辻調理師専門学校へ。卒業後、1908年創業の京都老舗迎賓館で修業。西宮ではミシュラン神戸三ツ星の日本料理店のスタッフとして店の伝統を守る。西神戸では居酒屋の料理長兼店長として経営を学び、2014年に帰郷。実家で5年間肉の知識を深め、2019年4月【文や】にて独立を果たす。

専門ジャンル
日本料理・懐石・割烹
経験年数
22年

自慢の一品

春夏秋冬の旬の味覚を堪能する『季節の天ぷら』

季節感を大切に、野菜・魚・肉など多彩な食材を吟味。「マナガツオ」や「トウモロコシ」に「黒毛和牛」など、異なる素材の滋味を楽しめます。最低でも1週間に一度は変わる“旬のネタ”は一品料理でも堪能できます。

こだわりの食材

和食の伝統技法を守り、素材に合わせて丁寧に引く「出汁」

利尻昆布や道南真昆布の2種を、枕崎産の鰹節は血合いを除いた雑味のないものを厳選。「節」を店で極限まで薄く削り、香り高い出汁を引いています。素材ごとに調整する「出汁」は、コースの『お椀』で堪能できます。

おもてなしの流儀

基本を忠実に守りつつ、オリジナリティを加えた独自の和食を創作

ミシュラン三ツ星の日本料理店で料理長を務めた店主。和食の基本を守りつつ、独自のエッセンスを加えた“唯一無二”の上品な和食を堪能できます。料理はもちろん酒肴も美味。二軒目使いも温かく迎え入れてくれます。

陶芸家による一点物の器をセレクト。「違い」を楽しむ大人の愉楽

使用している器は、全て店主自らギャラリーに足を運んでセレクトした一点物。信楽焼や伊賀焼など様々な表情の器が料理を引き立てます。目で愛で、触れて感じ、五感を満たす奥ゆかしい和の心を堪能できます。

営業時間・定休日

営業時間

ランチ 11:30~14:00 ※最終入店14:00
ディナー 17:30~22:00 ※最終入店22:00

定休日

不定休

文やに行った2人の投稿から算出しています。

あなたにオススメのお店

戸塚/東戸塚でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

この情報は2021年4月現在の情報です。掲載情報が異なっている場合はこちらのフォームからご連絡下さい。

ページトップ


Back to Top