ショウドウテンオオテマチファーストスクエアテン

小洞天 大手町ファーストスクエア店

050-5263-5136

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

肉の旨味が堪能できる絶品『シュウマイ』。本格的な料理を楽しめる中華ダイニング

高級感あふれるラグジュアリーな店内で、本格的な中華料理をゆったりと味わえる【小洞天 大手町ファーストスクエア店】。1944年の創業以来、愛され続けている『小洞天の名物シュウマイ』をはじめ、奥深い味わいの『フカヒレの姿煮込み』など、中国から取り寄せたスパイスや調味料を使ってつくる本場の味わいが、訪れる者を魅了してやみません。そんな料理を存分に味わいたい方には、コース料理がおすすめ。銘々盛りになっているので、接待や会社の宴会などにも好評です。お酒も楽しみたい方には、飲み放題プランが2種類用意されているのが嬉しいポイント。『シュウマイ』は、お持ち帰りもできるので、手土産にも喜ばれています。

小洞天 大手町ファーストスクエア店
これだけは食べてほしいベスト3

バリエーション豊富な料理を味わえる『コース料理』

前菜からデザートまで、すべての料理が銘々盛りで提供されます。接待や上下関係のある会社の宴会などにおすすめ。気遣いなくお料理を楽しめると評判です。飲み放題プランの追加も可能。

メニューを見る

バリエーション豊富な料理を味わえる『コース料理』

肉がギッシリ詰まって、食べ応え抜群『小洞天の名物シュウマイ』

長年愛されてきた【小洞天】の看板料理。肉本来の旨味が口いっぱいに広がり、やみつきになる深い味わいです。歯ごたえの違う2種類の豚肉を絶妙な割合で練り合わせたネタが、特製のオリジナル薄皮で包まれています。

肉がギッシリ詰まって、食べ応え抜群『小洞天の名物シュウマイ』

一度食べるとやみつきになる滋味深さ『フカヒレの姿煮込み』

宮城県気仙沼産ヨシキリザメのひれを使用。大きめサイズで、見た目も豪華なフカヒレの姿煮込みです。鶏がらを丁寧に時間をかけて煮込んだ「白湯スープ」の美味しさが体中にしみわたります。

一度食べるとやみつきになる滋味深さ『フカヒレの姿煮込み』

料理人 / 西條 潔 氏 (サイジョウ キヨシ)

専門ジャンル:中華全般

中華料理一筋。ゲストの口に合う料理の提供を心掛けて

1967年、東京都生まれ。19歳で「株式会社小洞天」に入社。以来、中華料理一筋に励み、【小洞天 有楽町店】、【小洞天 日本橋本店】などの系列店で腕を磨く。2015年、【小洞天 大手町ファーストスクエア店】の料理長に就任。老若男女問わずさまざまなゲストが訪れる場所柄、どんなゲストの口にも合う中華料理を提供すべく、研鑽の日々である。

プロフィールを見る

西條 潔 氏

お店の写真を募集しています

お店で食事した時の写真をお持ちでしたら、是非投稿してください。
あなたの投稿写真はお店探しの参考になります。

投稿アイコン

写真追加

小洞天 大手町ファーストスクエア店の店舗情報

基本情報

店名 小洞天 大手町ファーストスクエア店
TEL

050-5263-5136

03-3217-0821

※コロナウイルスの影響により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございますので、ご来店時は事前に店舗にご確認をお願いします。

最寄駅 東京メトロ千代田線 大手町駅 徒歩1分
JR山手線 東京駅 徒歩5分
アクセス 東京メトロ千代田線「大手町」駅C8、C11出口から徒歩1分、JR山手線「東京」駅から徒歩5分です。
住所 東京都千代田区大手町1-5-1 大手町ファーストスクエアビルB1F 地図を見る
営業時間
【平日】
ランチ 11:00~15:00 (L.O.14:30)
【平日】
ディナー 17:00~22:00 (L.O.21:00)
定休日 土・日・祝日

お支払い情報

平均予算
【ディナー】
5000円
立食なし
【ランチ】
1000円
予約不可
クレジット
カード
VISA, ダイナース, MASTER

設備情報

キャパシティ 48人 ( 宴会・パーティー時 立席:50人 着席:40人 )
席数形態 完全個室あり
貸切:30名~40名
駐車場 なし

詳細情報

禁煙・喫煙

喫煙可

※2020年4月1日より受動喫煙対策に関する法律が施行されました。正しい情報はお店にお問い合わせください。

こだわり
ホームページ http://www.shodoten.com/

このお店のクチコミを見る

東京駅・丸の内・日本橋×中華料理のアクセスランキング

もっと見る

東京駅・丸の内・日本橋でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

東京駅・丸の内・日本橋で歓迎会・送別会におすすめのお店

もっと見る

お店からのおすすめをチェック

ページトップ


Back to Top

報告する