シュンサイヤカイトウカ

旬菜家 かいとうか

050-5263-4962

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

唐下 英之 氏 トウゲ ヒデユキ

料理人をしている親族の姿に憧れ、18歳から和食の道を歩み出す

1974年、広島県生まれ。瀬戸内海のほぼ中央に浮かぶ島の内海町で育ち、幼い頃から魚介に親しむ。料理店を営む親族に憧れ、18歳からホテルの和食屋で修業。5年後、福山市内の数々の居酒屋や和食店にて、様々な要素を自身の料理に取り込んできた。上質な食材に触れ続け、目利きも磨く。その後、住吉などでも更に腕を上げていく。そして、2004年8月【旬菜家 かいとうか】を開業し、独立の夢を果たす。

専門ジャンル
和食全般
経験年数
30年

自慢の一品

継ぎ足しの奥深い煮汁でふんわり仕上げた『煮穴子の棒寿司』

活穴子をさばき、継ぎ足しの煮汁でふんわり炊き上げる『煮穴子』が絶品。香りも良く「実は、タレ無しでも美味しいんです」と店主が自信をのぞかせる上質な一品です。3~4名でちょうどいい、ボリューム感も好評です。

こだわりの食材

瀬戸内海の新鮮な旬の味覚を堪能する、「季節の鮮魚」

「穴子」「カワハギ」など、季節の移ろいと共に、変わっていく海の旬。店主の古い友人である漁師から直接届く“今日だけ”“1匹だけ”などの限定品もあります。いけすからの活魚の美味しさを存分に堪能できます。

おもてなしの流儀

「気軽に美味しいものをお腹いっぱい楽しめる店」がテーマ

「連れと気軽に立ち寄れる店でありたい」と語る店主。高級店で使用される高品質なネタを生きたまま仕入れていけすで飼い、注文毎にさばきます。価格以上の価値ある料理にこだわる心意気が、ゲストの心をつかみます。

裏の顔を持つ酒処!?金・土曜の深夜は「中華そば専門店」に変身

普段は海鮮居酒屋として人気を博していますが、金・土曜の週末の23時からは「中華そば専門店」に変身。醤油・塩・辛の3種の鶏ガラベースの中華そばを味わえるので、飲み会の〆に立ち寄るのもおすすめです。

営業時間・定休日

営業時間

【月~木・祝・祝前】
ディナー 17:30~01:00 (L.O.00:25)
【金・土】
ディナー 17:30~01:00

定休日

日曜日 緊急事態宣言のため、2021年5月16日~2021年6月1日までの間、臨時休業

旬菜家 かいとうかに行った1人の投稿から算出しています。

あなたにオススメのお店

福山/府中でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

この情報は2022年1月現在の情報です。掲載情報が異なっている場合はこちらのフォームからご連絡下さい。

ページトップ


Back to Top