ワテツトクイン

和鐵 徳音

0155-27-7007

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

お洒落な空間と厳選された素材を使用した鉄板焼きをご堪能あれ

高級感漂うモダンな外観が特徴の店【和鐵 徳音】。門を抜け石畳を歩いていざ店内へ…ゆったりとした空間からまずカウンター席が目に入る。目の前で鉄板を使い、季節の旬の食材や道産黒毛和牛のサーロインステーキなどが料理されている。十勝黒豚のロースもオススメだ。魚介類は養殖ものは一切使用しておらず素材にはこだわりをもっており、口に入るものすべてが厳選された食材ばかり。店内は2F建てで1Fにはカウンター席とボックス席、2Fには掘りごたつタイプの個室と50名まで入れる宴会用の大広間も用意されている。

和鐵 徳音
これだけは食べてほしいベスト3

お造り 盛り合わせ

旬の魚も別途ご用意しております。詳しくは店舗までお問い合わせください。

メニューを見る

お造り 盛り合わせ

【鉄板焼】道産黒毛和牛サーロイン A3 100g

A3ランクの最上級黒毛和牛ステーキ

【鉄板焼】道産黒毛和牛サーロイン A3 100g

【一品】じゃがいものチーズちぢみ

【一品】じゃがいものチーズちぢみ

料理人 / 岡村 正仁 氏 (オカムラ マサト)

専門ジャンル:フランス料理

かつて培われたフレンチの技術を、今は鉄板の上で表現する。

北海道札幌市出身。若かりし頃、すすきのでバーテンダーとして働いていた際に人手が足りず厨房へ入る事に。その時の料理長が岡村氏の調理姿を見て一言「お前は調理に向いているから、明日から厨房に入れ」と言ってきた事をきっかけに、以来料理人の道へ。様々勉強したが、特にフレンチはじっくりと学んだ。今はオープンキッチンの鉄板の上で、培われたフレンチのテイストを取り込んだ一皿を表現している。

プロフィールを見る

岡村 正仁 氏

写真

  • おしゃれな店内は落ち着いた雰囲気です

    おしゃれな店内は落ち着いた雰囲気です

  • 店舗外観

    店舗外観

  • 落ち着いた雰囲気で心行くまでお料理をお楽しみください

    落ち着いた雰囲気で心行くまでお料理をお楽しみください

  • 接待や誕生日、ご結婚前の顔合わせなど

    接待や誕生日、ご結婚前の顔合わせなど

  • 大部屋宴会は最大50名様まで収容可

    大部屋宴会は最大50名様まで収容可

  • お造り 盛り合わせ

    お造り 盛り合わせ

  • 海老のマヨネーズ和え 880円

    海老のマヨネーズ和え 880円

  • じゃがいものチーズちぢみ 750円

    じゃがいものチーズちぢみ 750円

お店の写真を募集しています

お店で食事した時の写真をお持ちでしたら、是非投稿してください。
あなたの投稿写真はお店探しの参考になります。

投稿アイコン

写真追加

和鐵 徳音の店舗情報

基本情報

店名 和鐵 徳音
TEL

0155-27-7007

※コロナウイルスの影響により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございますので、ご来店時は事前に店舗にご確認をお願いします。

最寄駅 JR根室本線 帯広駅 徒歩5分
アクセス 帯広駅を出て駅前交番前を北へ向かって直進し、パーラー太陽様を通り過ぎてすぐのところです。
住所 北海道帯広市西三条南10-16 地図を見る
営業時間
17:00~22:00
定休日 日曜日

お支払い情報

平均予算
【通常】
4500円
クレジット
カード
UFJ, VISA, JCB, ダイナース, DC, AMEX, MASTER

設備情報

キャパシティ 130人 ( 宴会・パーティー時 着席:50人 )
駐車場 なし

詳細情報

テイクアウト・
デリバリー
【テイクアウトあり】

・日曜日は定休日といたします。

・当日15時迄の要予約となります。

・受け渡しは16時~20時です。

・おひとつからのご注文が可能です。

・多数のご注文をいただいた場合、時間帯・宅配など応相談とさせていただきます。

こだわり

よくある質問

  • Q.場所はどこですか?

    A.北海道帯広市西三条南10-16 帯広駅を出て駅前交番前を北へ向かって直進し、パーラー太陽様を通り過ぎてすぐのところです。 ここから地図が確認できます。

お店に行った2人が
こんなシーンで利用しています

接待/会食50%

食事会50%

このお店のクチコミを見る

このお店のFacebookを見る

帯広・十勝・釧路・根室のアクセスランキング

もっと見る

帯広・十勝・釧路・根室でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

帯広・十勝・釧路・根室で夏の飲み会におすすめのお店

もっと見る

ページトップ


Back to Top

報告する