クシヨシホンテン

くしよし本店

050-5263-4837

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

空席確認・予約する

国産食材にこだわっている

美味さを追求し辿り着いた「朝曳き地鶏」の新鮮な旨みに惚れる

毎朝養鶏場に足を運び、店主自ら朝曳きした新鮮な「地鶏」を厳選仕入れ。素材の旨みをダイレクトに味わう料理だからこそ、素材に一切妥協しないのがポリシーです。「美味しさ」だけのために、魂が込められています。

食材にこだわっている

カラッ、サクッ!クロワッサン生地を使用した、名物の『串カツ』

クロワッサン生地と目が細かい特注のパン粉を使用した、くしよし名物『串カツ』。熱々が美味しいのは当たり前、冷めても美味しく油っこさのないサクサク食感で軽やかな食べ応え。ヘビーな串カツの概念を覆します。

日本酒にこだわっている

蔵元から直接仕入れることで実現する、名酒や希少酒に驚くハズ

蔵元との交流により、情報の早さや品揃えなど、全て「酒のプロ直」。地産地消の希少酒や限定品も入荷。定価取引ならではの価格にも驚きます。つくり手の想いを大切に、美味しい料理で酒のうまさを引き立てます。

焼酎にこだわっている

酒の流行を生む名物編集長もうなづく、3年先の流行酒に出合える

酒蔵と直取引しているからこそ「未来の流行酒」に出合うことも可能。新酒やレアな限定焼酎を優先的に入荷することは日常茶飯事なんだとか。かの有名グルメ誌編集長も頼る酒店との交流も深く、最新情報も豊富です。

くつろげる雰囲気

古民家を改築した和みの空間で、落ち着いて美酒佳肴を楽しむ

落ち着いた雰囲気の中、ゆったり過ごせる【くしよし本店】。“この味・このムード”を味わいに、地元のみならず遠方からもゲストが集います。1階は店主自ら設計したこだわり。古民家づくりの風情も見どころです。

接待・会食におすすめ

落ち着いた大人の空間で、足を崩してリラックスした会食を

ゆったりとした気持ちで、“本物”にこだわった上質食材を堪能する会食はいかが。2階には板間の座敷があるので、落ち着いて過ごせます。カジュアルな接待や宴会にもおすすめ。大阪の下町ならではの人情も魅力です。

デートにおすすめ

肩を並べてゆったり過ごす、大人デートにもおすすめの空間

大阪の下町風情を感じながら串料理と美酒を楽しめる一軒。利き酒師や焼酎アドバイザーの資格を有する店主による、おすすめの酒に委ねて、美酒佳肴に酔いしれるのも乙なもの。和みデートで心の距離も近づきそうです。

演出・サービスに特徴がある

調理も食材探しも全て我流。店主が織りなす独創的な世界にハマる

「イチから我流で美味しさのために魂削ってます」と語る店主。人情味ある気さくな人柄と熱い想いに惹きつけられたゲストで今宵も賑わいます。“唯一無二”この言葉がフィットする創作串カツは必食の価値ありです。

料理・お店の雰囲気

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

G20 大阪サミット出店

先日インデックス大阪で開催されたG20 大阪サミットに招待され出店した際の写真です

私がつくっています

三谷 秀一 氏

料理人
三谷 秀一 氏(ミタニ ヒデカズ)

専門ジャンル: 創作料理

27歳で不動産業界から飲食業界に転身し、我流で「旨い」を追求

1969年、大阪府生まれ。平野区の下町に育つ。不動産業界で活躍するも、27歳で転機が訪れ飲食業界へ。誰にも師事せず、我流で試行錯誤を重ね研鑽を積む。1998年、東住吉区針中野で【くしよし】を創業。料理の経験はおろか、モモとムネの違いも分からぬ状態から料理人として歩み出す。「旨い」を追求し“料理の常識がない”からこその独創的な調理法・料理を生む。2018年9月、西田辺に【くしよし本店】として移転開業。

もっと見る

営業時間・定休日

営業時間

ディナー 17:30~23:00 (L.O.22:00)

定休日

不定休

空席確認・予約する

天王寺/阿倍野×居酒屋のアクセスランキング

もっと見る

天王寺/阿倍野でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

天王寺/阿倍野で歓送迎会におすすめのお店

もっと見る

この情報は2021年4月現在の情報です。掲載情報が異なっている場合はこちらのフォームからご連絡下さい。

ページトップ


Back to Top