レストランセイヨウケン

レストラン 西洋軒

050-5263-2560

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

手間暇惜しまず丁寧につくられる数々の洋食メニューを、身構えず堪能できる町の洋食屋

1932年の創業以来、多くの人々を魅了している【レストラン 西洋軒】。デミグラスソースは、牛肉の色々な部位を使い野菜とともに3週間かけてつくられる秘伝の味です。そのソースを使う『タンシチュー』は完成まで2日間を要し、タンがスッとほぐれてしまうほど柔らかいオーダー必須の料理。さらに名物料理が少しずつ含まれる『Aセット』など、本格的な洋食メニューが揃っています。店内は、高級感がありながらも、ゆったりと気負わずに過ごすことができるくつろぎの空間。笑顔が溢れる家族のだんらんや大切な人とのデート、また旅行の時にも利用できます。先々代から受け継いだ味を守り続けている名店です。

レストラン 西洋軒
これだけは食べてほしいベスト3

「しまね和牛」のバラ肉をしっかりと煮込んだ欧風『カレー』

カレー粉と小麦粉をじっくりと時間をかけ、黒色になるまで炒めています。香ばしさが引き立つそのルーには、「しまね和牛」のバラ肉が贅沢に溶け込み、コク深い味わい。

メニューを見る

「しまね和牛」のバラ肉をしっかりと煮込んだ欧風『カレー』

丁寧に手間暇を惜しまずつくり上げられる名物料理『タンシチュー』

特製のデミグラスソースは牛肉や野菜を使い、3週間かけてようやく完成します。タンは、丸ごと煮込み、さらにカットした後にデミグラスソースで半日以上。完成までに2日を要する【西洋軒】を代表する一皿です。

丁寧に手間暇を惜しまずつくり上げられる名物料理『タンシチュー』

創業以来変わらぬレシピで、多くの人々に愛され続けている『オムライス』

ご飯と鶏肉、玉ねぎをケチャップで炒めたチキンライス。玉子は半熟ではなく、しっかりと焼き上げられた昔ながらのスタイルです。たっぷりとかかったデミグラスソースでいただきます。

創業以来変わらぬレシピで、多くの人々に愛され続けている『オムライス』

料理人 / 林 武志 氏 (ハヤシ タケシ)

専門ジャンル:洋食全般

代々受け継がれる味と真心込めたおもてなしの心を大切に

1963年、島根県生まれ。1932年に島根で初となる洋食店を開業した先々代である祖父、二代目の父のコック服に憧れを抱き、料理人となることを決意。大学卒業後、福岡にある【ロイヤルホールディングス】に入り、飲食業界への第一歩を踏み出す。その後は、経営論やマネージメントを学ぶため店長を歴任。30歳の時に【レストラン 西洋軒】へ戻り本格的に三代目として始動する。2018年、代表に就任し新たに手腕を振るう。

プロフィールを見る

林 武志 氏

レストラン 西洋軒の店舗情報

基本情報

店名 レストラン 西洋軒
TEL

050-5263-2560

0852-22-3434

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

最寄駅 JR山陰本線 松江駅 徒歩15分
一畑電車北松江線 松江しんじ湖温泉駅 徒歩10分
アクセス 山陰本線「松江駅」から徒歩15分、幸橋交差点近くです。
住所 島根県松江市片原町111 地図を見る
営業時間
【平日・土】
ランチ 10:30~14:00 (L.O.14:00)
【平日・土】
ディナー 17:00~20:30 (L.O.20:00)
定休日 日曜日

お支払い情報

平均予算
【ディナー】
1400円
【ランチ】
1000円

設備情報

キャパシティ 28人 ( 宴会・パーティー時 立席:28人 着席:28人 )
席数形態 完全個室あり・会食向けの個室あり
駐車場 あり

詳細情報

禁煙・喫煙 完全禁煙
こだわり

このお店からのお知らせ

2018.12.09

自宅やパーティーにも喜ばれるテイクアウト

パーティーに花を添えてくれる特製オードブルはいかがでしょうか。ほとんどのメニューを持ち帰ることができ、お弁当としても人気があります。自宅でもぜひ【レストラン 西洋軒】の味をご堪能ください。

もっと見る

松江のアクセスランキング

もっと見る

松江でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

松江で女子会におすすめのお店

もっと見る

お店からのおすすめをチェック

ページトップ

Back to Top