バサラヨシタケ

婆皿 よしたけ

097-585-5949

※お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

器とのバランスから盛り付けや彩りまでこだわった料理の数々。今日は何を注文する

大分産の旬の食材を使い、ジャンルにとらわれない創作料理が堪能できる【婆皿 よしたけ】。和と洋がうまく調和したステキな店内の壁にあしらわれた幾何学模様。まるで、店内の雰囲気も料理の演出のひとつと言わんばかりに目を引きます。こんなオシャレな雰囲気の中で堪能できるのは、料理人のこだわりがたっぷり詰まった料理です。食べるお客様の体のことを考え、鮮度はもちろん調理方法から盛り付けなど、細部まで気を配っています。特に慶事などで利用されるお客様には、要望に合わせた特別メニューも対応可能!お客様のことを第一に考えた美味しい料理を、一度食べてみたいと思いませんか。

婆皿 よしたけ
これだけは食べてほしいベスト3

じっくり時間をかけて煮込んだ『牛タンシチュー』

上質な国産の牛タンを、八丁味噌をベースにしたソースでじっくり時間をかけて煮込んだ和風のシチューです。口に入れた瞬間牛タンがとろけ思わず笑顔がこぼれてしまうはずです。

メニューを見る

じっくり時間をかけて煮込んだ『牛タンシチュー』

大分産の新鮮な野菜をたっぷり使用した『サラダ』

新鮮な野菜をたっぷり使用したヘルシーなサラダです。地元大分産の野菜を店自慢の自家製ドレッシングで味付けているので美味しさは文句なし!体に優しく年齢問わず人気が高いメニューです。

大分産の新鮮な野菜をたっぷり使用した『サラダ』

トマトの甘みが堪能できる『当店名物のトマトのコンポート』

【婆皿 よしたけ】をオープンする前から、ずっと作り続けている料理人の思い入れが深い一品。トマトの甘さが十分に楽しめるので、デザート感覚で食べるのがおすすめ!ワインとの相性も抜群です。

トマトの甘みが堪能できる『当店名物のトマトのコンポート』

料理人 / 吉武 浩 氏 (ヨシタケ ヒロシ)

専門ジャンル:和食全般

父の跡を継ぎたいと思い目指した和食の世界

1962年、大分県生まれ。もともと父が料理人だったこともあり、幼いころ跡を継ぎたいと思い料理の道を志す。大阪の料亭や山形の料亭などで料理の腕を磨き、旅館では総料理長なども務める。その後、前身となるお店を独立開業し、2015年【婆皿 よしたけ】をオープンし現在に至っている。お客様の要望に先回りすることを心に留め、毎日お客様のために美味しい料理をつくっている。

プロフィールを見る

吉武 浩 氏

婆皿 よしたけの店舗情報

基本情報

店名 婆皿 よしたけ
TEL

097-585-5949

※お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

最寄駅 JR日豊本線 高城駅
アクセス JR日豊本線「高城駅」北側出口より徒歩
住所 大分県大分市中央町3-5-16 wazawazaビル1F 地図を見る
営業時間
ランチ 11:30~14:00 (L.O.13:30)
ディナー 18:00~21:00
定休日 不定休

お支払い情報

平均予算
【ディナー】
3500円
(3500~6000円)
【ランチ】
1300円
(1300~1500円)

設備情報

キャパシティ 35人 ( 宴会・パーティー時 着席:35人 )
駐車場 あり

詳細情報

禁煙・喫煙

喫煙可 ※ランチタイム禁煙

こだわり

大分×和食全般のアクセスランキング

もっと見る

大分でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

大分で女子会におすすめのお店

もっと見る

お店からのおすすめをチェック

ページトップ

Back to Top