ボッテガ

BOTTEGA(ボッテガ)

03-6450-3933

※お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

地下の【BOTTEGA】(工房)で職人がつくる、日々進化するイタリア郷土料理

広尾駅からほど近い路地裏の一角。見落としてしまいそうな細い階段を降りると、艶っぽさが漂う大人の空間が広がります。この隠れ家のようなお店で食べられるのは、イタリアの郷土料理を根底に、笹川シェフが日々改良を重ね続ける“昨日より更においしい”料理。スペシャリテの『トリッパ、ギアラ、小腸の煮込み』は、20年イタリア料理を続けてきて今だに、調理の細かい工程を変えながら改良を重ねています。また、料理やワインだけでなく食後酒も豊富で、2軒目としての利用もできる使い勝手の良さも魅力。気軽に訪れて、星付きシェフの“本物の味”が楽しめる、秘密にしておきたいお店です。

BOTTEGA(ボッテガ)
これだけは食べてほしいベスト3

黒毛和牛のローストと黒トリュフ/Arrosto di Manzo

肉の部位は日によって変わります。この日はサーロイン。肉は柔らかくも歯ごたえがあり、噛むとじゅわっと脂の旨味が広がる。それをマルサラ酒とマスタードのソース、スライスされたトリュフの香りが包み込みます。

メニューを見る

黒毛和牛のローストと黒トリュフ/Arrosto di Manzo

黒トリュフのタヤリン/Tajarin al Tartufo Nero

バターとパルミジャーノのソースがなめらかにパスタと絡み、たっぷりかかった黒トリュフがふんわり香る。後味はしつこくなく上品。刻まれた黒トリュフが食感を、スライスされたものが香りを強めます。

黒トリュフのタヤリン/Tajarin al Tartufo Nero

トリッパ、ギアラ、小腸の煮込み/Interiora in Umido

旨味たっぷりのトリッパとギアラや、大きくてジューシーな小腸が入った、食べごたえ充分な一皿です。普通は捨ててしまうゆで汁をゆでこぼさずに凝縮しているので、内臓の旨味がたっぷりと詰まっています。

トリッパ、ギアラ、小腸の煮込み/Interiora in Umido

メニューを見る:

料理人 / 笹川 尚平 氏 (ササカワ ショウヘイ)

専門ジャンル:イタリア料理

郷土料理を肌で学び、自分の料理に実直に向き合う

1976年生まれ、富山県出身。最初に中華料理を学び、郷土料理の大切さを知る。20代でイタリアの料理や文化に魅了され、留学先のピエモンテで【リストランテ・グイード】へ入門。その後カンパーニャやトスカーナで修業し、郷土料理を体で学ぶ。帰国後は【アロマフレスカ】で原田慎次シェフに師事し、2005年より【カーザヴィニタリア】のシェフを11年務め上げる。2017年に独立して【BOTTEGA】をオープンし、一年未満で1つ星に輝いた。

プロフィールを見る

笹川 尚平 氏

BOTTEGA(ボッテガ)の店舗情報

基本情報

店名 BOTTEGA(ボッテガ)
TEL

03-6450-3933

※お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

最寄駅 東京メトロ日比谷線 広尾駅 徒歩5分
アクセス 東京メトロ日比谷線『広尾駅』より徒歩5分
住所 東京都渋谷区広尾5-17-8 アプリシエ広尾B1F 大きな地図を見る
営業時間
【平日・土・祝・祝前】
ディナー 17:00~01:00 (L.O.00:00)
定休日 日曜日

お支払い情報

平均予算
【ディナー】
13000円
クレジット
カード
VISA, JCB, ダイナース, AMEX, MASTER

設備情報

キャパシティ 13人
駐車場 なし

詳細情報

禁煙・喫煙 完全禁煙
こだわり

このお店からのお知らせ

2018.01.11

インタビュー「シェフのヨコガオ」に掲載中

オープンしてわずか7か月でミシュラン1ツ星に輝いた、今注目のシェフ、笹川尚平氏に迫る。

もっと見る

恵比寿・代官山・広尾・白金×イタリアンのアクセスランキング

もっと見る

恵比寿・代官山・広尾・白金でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

恵比寿・代官山・広尾・白金で新年会におすすめのお店

もっと見る

お店からのおすすめをチェック

ページトップ

Back to Top