ヤキニクリャンケ

焼肉りゃんけ

050-5263-7136

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

“生”のタンや宮崎直送の地頭鶏など、コスパにもこだわる高級食材と厳選ワインを満喫

お店の写真を募集しています

お店で食事した時の写真をお持ちでしたら、是非投稿してください。
あなたの投稿写真はお店探しの参考になります。

写真追加

冷凍しない生のタンを使った『生切りタン塩』を愉しめる【焼肉りゃんけ】。さらに、A5黒毛和牛のリブ芯を味わう『特選和牛ロース』、宮崎直送「地頭鶏」などの逸品も堪能できます。お酒は、ビールを始め日本酒、焼酎など一通りありますがワインは特におすすめ。中でも、肉専用の赤ワイン『カーニヴォ』はぜひ。店内は、少人数から気軽に集まれる4~6名のテーブル席と、お1人様はもちろんカップルからも人気のあるカウンター4席を完備しています。仲間同士集まれば、リーズナブルな「飲み放題付コース料理」が良いですね。陽気な店主が家庭的な温もりで店内を包み、居心地の良さも抜群。何度訪れてもまた訪れたくなる、笑顔の絶えない焼肉店です。

焼肉りゃんけ
これだけは食べてほしいベスト3

冷凍品を一切使用しないからこその味! 『生切りタン塩』

フレッシュなまま仕入れ、そのまま使うので鮮度の良さは折り紙つき。柔らかな肉質と旨味を噛みしめながらいただきます。

メニューを見る

冷凍品を一切使用しないからこその味! 『生切りタン塩』

国産和牛の上質な部分のみを使用『上ハラミ(タレ、塩)』

細かなサシが美しいハラミは、適度な弾力と赤身のような肉の美味しさを愉しめます。しっかりと噛みしめて味わいたい一品。

国産和牛の上質な部分のみを使用『上ハラミ(タレ、塩)』

A5ランク黒毛和牛の美味しい部位を味わえる『特選和牛上ロース』

一頭の牛からわずかしか取れない、リブロースの芯のみを使用。そのとろける食感は、一度食べるとやみつきになります。

A5ランク黒毛和牛の美味しい部位を味わえる『特選和牛上ロース』

料理人 / 矢澤 文敬 氏 (ヤザワ フミノリ)

専門ジャンル: 焼肉

上質な肉を選び調理する、その本質を見極める難しさを知る料理人

1985年、愛知県出身。家族や親戚など、身近な人の多くが焼肉店を営み料理に携わる仕事を行っていたため、自らも小さな頃から料理に対して親近感を抱いていた。最初はバーテンダーとして働き始め、接客やお酒を勉強しつつ自分の店を持つことを考えるようになった。その後、様々な店で料理や肉の目利きについて修業を重ねる。時が過ぎ、現在の店舗を受け継ぐこととなる。今は、店主兼料理人として多忙な毎日を送っている。

プロフィールを見る

矢澤 文敬 氏

写真

  • コース料理は4名から。貸切は25名~40名まで相談可能

    コース料理は4名から。貸切は25名~40名まで相談可能

  • カウンターデートは、2人の距離を縮めたいときにはぴったり

    カウンターデートは、2人の距離を縮めたいときにはぴったり

  • 黒い天井と白い壁。シンプルな内装に映える、美しい木の温もり

    黒い天井と白い壁。シンプルな内装に映える、美しい木の温もり

  • お肉がメインの「肉女子会」を開きたくなったら、ぜひ!

    お肉がメインの「肉女子会」を開きたくなったら、ぜひ!

  • 冷凍品を一切使用しないからこその味! 『生切りタン塩』

    冷凍品を一切使用しないからこその味! 『生切りタン塩』

焼肉りゃんけの店舗情報

基本情報

店名 焼肉りゃんけ
TEL

050-5263-7136

0565-32-3189

営業時間・定休日が記載と異なる場合がございますので、ご予約・ご来店時は事前にご確認をお願いします。

最寄駅 名鉄各線 豊田市駅 徒歩2分
アクセス 豊田市駅西口より徒歩2分。国道155号線を南下した左手です。
住所 愛知県豊田市西町5-31 秀豊ビル1F 地図を見る
営業時間
【火~土・祝】
17:00~00:00 (L.O.23:30)
【日】
17:00~23:00 (L.O.22:30)
定休日 月曜日
毎週月曜日定休
平均予算
【通常】
4000円
お支払い情報
クレジットカード可
UFJ, VISA, JCB, ダイナース, DC, UC, AMEX, NICOS, MASTER, セゾン, 銀聯

設備情報

キャパシティ 40人
駐車場 あり

詳細情報

こだわり

あなたにオススメのお店

豊田でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

豊田で人気のレストラン アクセスランキング

もっと見る

この情報は2021年4月5日現在の情報です。掲載情報が異なっている場合はこちらのフォームからご連絡下さい。

ページトップ

Back to Top

報告する