スシモンジ

寿し 門司

050-3628-0770

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

空席確認・予約する

大将の笑顔ともてなしの心を感じながら、旬の鮮魚を使った絶品寿しを味わう

多くの方の満足を第一に考え「どのような要望にも応じるよう努める」と語る大将が、笑顔と細やかな配慮でもてなす【寿し 門司】。好みを尋ねながら絶妙なタイミングで次の料理を出してくれるので、気持ちよく食すことができます。季節の旬を取り入れながら吟味された鮮魚でつくられる寿しは、どれも秀逸な品々。また、寿し屋でありながら創作料理や肉料理も扱っていて、多彩な味わいを堪能できるのは嬉しいところです。一見さんや一人客も大歓迎とのこと。気軽に訪れてみてはいかがでょう。なお、店はカウンター席のある「門司」と、離れとなる座敷の個室の「離宮」からなり、人数やシーンに合わせてのご利用もできます。

寿し 門司
これだけは食べてほしいベスト3

見た目にも色鮮やかで食べ応えのある『太巻き寿司』

錦糸玉子、うなぎ、数の子、エビなどが入ってボリューム感満載。たくさんの具材を豪快に巻いた逸品は、テイクアウトも可能です。

メニューを見る

見た目にも色鮮やかで食べ応えのある『太巻き寿司』

食べ終わってからも余韻に浸れる美味しさの『おまかせコース』

その時期の旬の食材を使用した品々が並ぶコースメニュー。腕利きの料理人によりつくられたその味わいは、どれも美味です。

食べ終わってからも余韻に浸れる美味しさの『おまかせコース』

ひとつひとつ丁寧に握られた『おすすめの握りコース』

ネタは日本全国各地から選りすぐりのものを入荷しています。鮮度抜群な魚介類とシャリのバランスは絶妙。一口食べると、極上の旨味が広がります。

ひとつひとつ丁寧に握られた『おすすめの握りコース』

店長 / 門司 知治 氏 (モンジ トモハル)

専門ジャンル:寿司

来てくれた方々に満足してほしいと常に考えている

1976年11月生まれ、福岡県北九州市出身。「おもてなしの精神をモットーに、たくさんのお客様の喜ぶ顔が見たい」と語る門司氏。【寿し 門司】のオーナーとしても料理人としても、日々の努力を惜しまず精進している。

プロフィールを見る

門司 知治 氏

お店の写真を募集しています

お店で食事した時の写真をお持ちでしたら、是非投稿してください。
あなたの投稿写真はお店探しの参考になります。

投稿アイコン

写真追加

寿し 門司の店舗情報

基本情報

店名 寿し 門司
TEL

050-3628-0770

※コロナウイルスの影響により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございますので、ご来店時は事前に店舗にご確認をお願いします。

空席確認・予約する

最寄駅 JR東西線 北新地駅 徒歩3分
市営地下鉄四ツ橋線 西梅田駅 徒歩5分
アクセス JR東西線「北新地駅」より徒歩3分
住所 大阪府大阪市北区堂島1-3-19 薬師堂ビル3F 地図を見る
営業時間
【平日・土】
18:00~00:00 ※ネタ切れ次第、閉店となります。夜10時以降入店可。
【平日・土】
ランチ 11:30~14:00 (L.O.13:15) テーブル席:全面禁煙 座敷:喫煙可能
定休日 日・祝日

空席確認・予約する

お支払い情報

平均予算
【ディナー】
20000円
クレジット
カード
VISA, JCB, ダイナース, AMEX, MASTER

設備情報

店内パノラマ

大きなパノラマを見る

キャパシティ 31人 ( 宴会・パーティー時 着席:30人 )
駐車場 なし

詳細情報

テイクアウト・
デリバリー
【デリバリーあり】
禁煙・喫煙

全席喫煙可

※2020年4月1日より受動喫煙対策に関する法律が施行されました。正しい情報はお店にお問い合わせください。

こだわり
備考 ※当日の予約キャンセル料は100%頂戴致します。
ご了承の上、ご予約の程宜しくお願い致します。

よくある質問

  • Q.予約はできますか?

    A.web予約はこちらから承っています。

  • Q.場所はどこですか?

    A.大阪府大阪市北区堂島1-3-19 薬師堂ビル3F JR東西線「北新地駅」より徒歩3分 ここから地図が確認できます。

お店に行った1人が
こんなシーンで利用しています

接待/会食33%

食事会33%

記念日/お祝い33%

このお店のクチコミを見る

このお店のFacebookを見る

このお店のInstagramを見る

梅田・北新地×鮨・寿司のアクセスランキング

もっと見る

梅田・北新地でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

梅田・北新地で夏の飲み会におすすめのお店

もっと見る

ページトップ


Back to Top

報告する