ヤキガキノハヤシ

焼がきのはやし

050-5263-9797

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

世界遺産宮島で地御前牡蠣を贅沢に味わい尽くす! 老舗牡蠣料理店【焼がきのはやし】

宮島桟橋よりほど近い場所に佇むお店【焼がきのはやし】。創業60年以上という老舗でありながら、敷居の高さを感じさせず地元の多くのリピーター客や観光客に親しまれています。落ち着いた空間では、居心地のよさから、時間を忘れてゆったりと過ごせます。【焼がきのはやし】のメニューは、地御前産の新鮮な牡蠣を使った料理が自慢。熟練した料理人が素材本来の旨みを活かしながら、丁寧に調理しているのが、このお店のこだわりです。奥行きのある店内にはテーブル席と足を伸ばせるお座敷席があり、人数やシーンに合わせて気軽にくつろげるのも魅力。お祝い事や接待での利用はもちろんのこと、観光で立ち寄った際には必ず訪れたい一軒です。

焼がきのはやし
これだけは食べてほしいベスト3

プリプリの牡蠣の旨みを堪能『生がき(四ヶ)』

新鮮な無菌かきを使用。(二ヶ)750円もあるので、人数やお好みに合わせて選べます。

メニューを見る

プリプリの牡蠣の旨みを堪能『生がき(四ヶ)』

清盛定食

あなごとカキフライが同時に楽しめます。これで名物は押え完璧。

清盛定食

かきを贅沢に味わい尽くす『かき三景定食』

いろいろな味のかきが1度に楽しめる定食。+700円でかきめしをあなごめしに変更可能です。

かきを贅沢に味わい尽くす『かき三景定食』

料理人 / 林 大介 氏 (ハヤシ ダイスケ)

専門ジャンル:和食全般

幼い頃から家業を手伝い、自分も料理人への道をスタートさせた

1977年10月4日生まれ、広島県宮島出身。小学生の頃から家業を手伝い、食の世界に興味があった。祖父と父が牡蠣の食べ方のスタイルを確定したことに感銘を受け、自分も料理人になることを決意。調理の技術を磨き、鍛練を重ねた。現在【焼きがきのはやし】にて腕をふるう。厳選した素材を使い、一品一品丁寧に調理した牡蠣料理が地元のリピーター客はもちろん、遠方から訪れる観光客にも好評を得ている。

プロフィールを見る

林 大介 氏

ユーザー投稿写真

  • 焼がきのはやしの写真

    みやじま定食

  • 焼がきのはやしの写真

    みやじま定食

お店の写真を募集しています

お店で食事した時の写真をお持ちでしたら、是非投稿してください。
あなたの投稿写真はお店探しの参考になります。

投稿アイコン

写真追加

焼がきのはやしの店舗情報

基本情報

店名 焼がきのはやし
TEL

050-5263-9797

0829-44-0335

営業時間・定休日が記載と異なる場合がございますので、ご予約・ご来店時は事前にご確認をお願いします。

最寄駅 広電2号線 宮島口駅
アクセス 宮島口下車、駅改札口を出て、宮島フェリー乗船、宮島桟橋より南へ徒歩10分です。
住所 広島県廿日市市宮島町505-1 地図を見る
営業時間
【月・火・木・金・日・祝・祝前】
10:30~17:00 (L.O.16:30)
【土】
10:30~17:30 (L.O.17:00)
定休日 水曜日

お支払い情報

平均予算
【ディナー】
2000円

設備情報

キャパシティ 86人 ( 宴会・パーティー時 着席:86人 )
席数形態 カウンター席あり
駐車場 なし

詳細情報

禁煙・喫煙 完全禁煙

受動喫煙対策に関する法律が施行されておりますので、正しい情報はお店にお問い合わせください。

こだわり
ホームページ http://www.yakigaki-no-hayashi.co.jp/

よくある質問

  • Q.予約はできますか?

    A.電話予約は 050-5263-9797 から承っています。

  • Q.場所はどこですか?

    A.広島県廿日市市宮島町505-1 宮島口下車、駅改札口を出て、宮島フェリー乗船、宮島桟橋より南へ徒歩10分です。 ここから地図が確認できます。

お店に行った1人が
こんなシーンで利用しています

食事会100%

宮島のアクセスランキング

もっと見る

宮島でランチの出来るお店アクセスランキング

廿日市市・大竹市・宮島で歓送迎会におすすめのお店

もっと見る

この情報は2021年4月現在の情報です。掲載情報が異なっている場合はこちらのフォームからご連絡下さい。

ページトップ


Back to Top

報告する