ミョウジンシタカンダガワシテン

明神下 神田川支店

050-5871-3892

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

伝統の技と味が息づく、江戸の心意気を守る正統派の鰻店

創業1918年(大正7年)。【明神下 神田川支店】のルーツは、創業1805年(文化2年)となる【明神下 神田川本店】にあります。本店から唯一、そして初の暖簾分けを許された一軒は、江戸時代から続く江戸前の鰻の味と技術を実直に守っています。鰻は背開きに割き、蒸籠で蒸してから秘伝のタレで漬け焼きに。鰻屋の命ともいえるタレは創業時に本店から分けてもらったものですが、月日を経た現在では同店独自の進化を遂げ、辛口ながらややまろやかな口当たりが特徴です。昭和26年築の木造家屋には4部屋の客室を用意し、ゆったりと食事を楽しめるのも魅力のひとつ。江戸時代から続く鰻屋の技と味を存分に堪能できます。

明神下 神田川支店
これだけは食べてほしいベスト3

酒のアテにもなる『肝焼き(2本)』

鰻の肝だけでなく、向こう骨(肋骨部分)とヒレも一緒に串に打ち込んでいるのが店の特徴です。

メニューを見る

酒のアテにもなる『肝焼き(2本)』

伝統の技術が凝縮した『鰻重御定食 上』

鰻重だけでなく、吸物、香の物、果物も並ぶ定食スタイル。米は茨城産のコシヒカリを使用しています。

伝統の技術が凝縮した『鰻重御定食 上』

鰻の風味を素直に味わえる『白焼』

やわらかな食感と旨味が味わえる白焼は、鰻本来の味わいをよりストレートに感じられる一品です。

鰻の風味を素直に味わえる『白焼』

料理人 / 多辺 賢一 氏 (たべ けんいち)

専門ジャンル:和食全般

江戸時代から続く技術を誠実に貫く三代目

1961年生まれ、東京都出身。物心ついた頃から鰻屋の三代目として育ち、二十歳になってから本格的に鰻職人としての道を歩む。江戸前鰻の技術を実直に継承しつつ、初代から続くすっぽん料理にも熟達し、常連からの信頼も厚い。

プロフィールを見る

多辺 賢一 氏

お店の写真を募集しています

お店で食事した時の写真をお持ちでしたら、是非投稿してください。
あなたの投稿写真はお店探しの参考になります。

投稿アイコン

写真追加

明神下 神田川支店の店舗情報

基本情報

店名 明神下 神田川支店
TEL

050-5871-3892

03-3631-3561

※コロナウイルスの影響により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございますので、ご来店時は事前に店舗にご確認をお願いします。

最寄駅 JR総武線 両国駅 徒歩5分
都営大江戸線 両国駅 徒歩5分
アクセス JR総武線・都営大江戸線「両国駅」西口より徒歩5分
住所 東京都墨田区両国1-9-1 地図を見る
営業時間
【平日・土・祝前】
ランチ 11:30~14:00 (L.O.13:00)
【平日・土・祝前】
ディナー 16:30~21:00 (L.O.20:00)
定休日 日・祝日

お支払い情報

平均予算
【ディナー】
10000円
【ランチ】
5000円

設備情報

キャパシティ 25人
席数形態 個室4室/最大16名の個室に可
駐車場 あり

近くにコインパーキングあり

詳細情報

テイクアウト・
デリバリー
【デリバリーあり】
こだわり

よくある質問

  • Q.予約はできますか?

    A.電話予約は 050-5871-3892 から承っています。

  • Q.場所はどこですか?

    A.東京都墨田区両国1-9-1 JR総武線・都営大江戸線「両国駅」西口より徒歩5分 ここから地図が確認できます。

お店に行った2人が
こんなシーンで利用しています

接待/会食33%

食事会67%

このお店のクチコミを見る

錦糸町・押上・新小岩×和食のアクセスランキング

もっと見る

錦糸町・押上・新小岩でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

錦糸町・押上・新小岩で夏の飲み会におすすめのお店

もっと見る

ページトップ


Back to Top

報告する