リュウキュウリョウリミヤラビ

琉球料理 みやらび

  • ジャンル 和食 郷土料理
  • 平均予算 ディナー:4000円 ランチ:850円
  • 最寄り駅 市ケ谷駅 徒歩7分
  • 定休日 土・日・祝日

050-5263-9917

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

イチオシ・話題のメニュー

沖縄を代表する料理『ゴーヤーチャンプル』 

沖縄の料理を代表する『ゴーヤーチャンプル』は不動の人気メニュー。特に【みやらび】では油に、らふてーを煮た時の自家製のラードを使用するため、コクと旨みが十分にしみこんでおり、上品な味わいです。

地方の味を楽しめる

3日かけてつくる伝統的な琉球料理『らふてー』 

豚の三枚肉を1日煮込んで脂を茹でこぼし、その後3日間かけてじっくりと味を含ませながら煮詰めていく琉球を代表する料理『らふてー』。箸を入れるとホロリと崩れる柔らかさに丁寧な仕事ぶりがうかがえます。

シェフのこだわりあり

丁寧につくる琉球料理と旬の食材を取り入れた創作料理

旬の食材を使用し、手間をかけてつくる料理は、沖縄では身体によい薬膳のようなもの。栄養のトータルバランスを考えて料理をつくっていきます。料理を通じて、沖縄のただしい文化を伝えるべく、研鑽を重ねています。

1人でも入りやすい

入口すぐのカウンター席は、常連の特等席

店内に入って目の前にあるカウンターは常連の特等席。明るく開放的な雰囲気なので、一人でふらりと気軽に立ち寄り、琉球料理の数々や沖縄の焼酎、朗らかな女将との沖縄談義が楽しめます。

くつろげる雰囲気

広々とした空間で、のんびりと食事やお酒を楽しむ

空間は敢えて沖縄らしさを出さず、そのぶん外にある看板や琉球グラス、作家さんのつくった器などで沖縄らしさを表現。隣との間隔もゆったりと取ってあるので、周りを気にせず、くつろいで過ごすことができます。

旬の食材にこだわっている

沖縄料理に欠かせない名物食材「ゴーヤー」 

緑色が深く突起が多いほど、苦みも強いゴーヤー。その苦みが身体の熱を下げてくれたり、胃腸を整えてくれたりと、夏バテ防止にもよいとされています。沖縄人の健康・長寿の秘訣は、こうしたところにもあるのです。 

店内&お店の雰囲気

沖縄らしさを唯一感じる看板が目印です

沖縄の土で形成し、琉球松で焼いてわざとヒビを入れて、車の塗料で塗装をした、こだわりの手づくり看板。

広々とした座敷席

フローリングの座敷席は、席と席の間を広くとってあり、周りを気にせずゆったりと過ごせます。 

ゆったりと広がるフローリングの座敷席 

奥は間仕切りで個室仕立てにすることも可能。隣を気にせず食事やお酒が楽しめる広々とした空間も魅力です。

私がつくっています

石川 文俊 氏

料理人
石川 文俊 氏(イシカワ フミトシ)

専門ジャンル: 和食全般

温故知新を大切に、伝統と創作の融合した沖縄料理をつくる

東京出身。女将の従兄弟で、10代の頃に【みやらび】が料亭だったころから手伝いとして入店。当時の料理長のもとで修業を積み、現在は料理長として活躍。「温故知新」をテーマに、旬の食材を使用してつくる、伝統的な沖縄の宮廷料理をつくる一方で、独自のオリジナリティーを取り入れた、創作的な料理づくりにも挑戦している。

もっと見る

営業時間・定休日

営業時間

【平日】
ランチ 11:30~14:30 (L.O.14:00)
【平日】
ディナー 17:30~23:00 フードL.O.21:40/ドリンクL.O.22:20

定休日

土・日・祝日

お店に行った1人が
こんなシーンで利用しています

接待/会食50%

食事会50%

このお店のクチコミを見る

飯田橋・四ツ谷・神楽坂×和食のアクセスランキング

もっと見る

市ヶ谷でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

飯田橋・四ツ谷・神楽坂で忘年会・新年会におすすめのお店

もっと見る

この情報は2020年5月現在の情報です。掲載情報が異なっている場合はこちらのフォームからご連絡下さい。

ページトップ


Back to Top