ギュウクシサカバクシイチ

牛串酒場 串いち

050-5384-9924

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

空席確認・予約する

田中 美咲 氏 タナカ ミサキ

長年の接客業を経て新たな活躍の場での黒毛和牛の味覚の追求へ

1991年、京都府生まれ。人と接することが好きで、京都の某有名店で10年ほど接客の仕事と、終盤の頃には店長を務めた。接客業に携わるうち必要な料理の知識を身につけ、後半の5年ほどは料理人修業にも手を染める。やがて、暖簾のある店の伝統の味を超える新しい「味」を追求してみたいと、縁あって【串いち】の料理人兼店長に。現在もメニューの開発や串ものの焼き加減・タレの工夫に余念がない。

専門ジャンル
和食全般
経験年数
6年

自慢の一品

素材を使い分けて店でカットする『牛串』

『牛串』はカットの仕方や焼き加減で味わいがガラリと変わります。そのため、素材は毎日ブロックで仕入れ、店でカット。塩加減や自家製タレの調合を吟味し、【串いち】ならではのおいしさを提供しています。

こだわりの食材

新鮮素材のトリミングから気を配る『和牛ユッケ』

牛肉を扱うお店で素材の品質と鮮度を見分けるコツは、本当に上質なユッケを出せるかどうか。こちらの店の『和牛ユッケ』の品質と鮮度とタレの味わいには、多くのユッケファンも納得です。

こだわり食材
牛肉全般 、 豚肉全般 、 鶏肉全般

おもてなしの流儀

8席あるオープンカウンターでゲストとの会話を大切に

オープンカウンター席なので、ゲストと料理人との関係はごく近いものに。しかし、そこは節度ある距離感と礼節をもって接するのがポリシー。店長は料理修業とともに長年の接客業での経験を生かしています。

看板メニューの『牛串』と、多彩な串ものの焼きの熟練の技

串ものは素材の違いや部位に応じて当然焼き加減は異なります。ゲストの食べ方やお酒の進み具合に合わせ、しかも接客しながら、多彩な素材を熟練の技で手際よく提供しています。

営業時間・定休日

営業時間

【月~木】
17:00~02:00 (L.O.01:30)
【金~日・祝・祝前】
17:00~03:00 (L.O.02:30)

定休日

不定休

空席確認・予約する

牛串酒場 串いちに行った3人の投稿から算出しています。

あなたにオススメのお店

吉祥院/鳥羽でランチの出来るお店アクセスランキング

この情報は2021年11月現在の情報です。掲載情報が異なっている場合はこちらのフォームからご連絡下さい。

ページトップ


Back to Top